仕事・職場のストレスの原因は?大切なことは第三者への相談

働き方

仕事・職場のストレスの原因は?大切なことは第三者への相談

日本人はよくストレスを溜め込みやすいとよく言われますが、あなたはその原因を正しく把握できているのでしょうか?

 仕事のストレスの分類

仕事のストレスは大きく分けて、以下のように3分類できます。

仕事内容

*性格や能力に合わない仕事
→人と話すことが苦手なのに、接客業や営業職をしていると苦痛かもしれません。もちろん、苦手な人なりに自分なりの接客スタイルや営業スタイルを見つけ出していくことは可能だとは思いますが、それを見つけられる前に心が折れてしまう人も多いかもしれません。

*やりがいがない
→自分のした仕事が世の中のためになっていなかったり、自分がした仕事に対する成果や反響が見えにくかったりすると、「自分は、何のために誰のために仕事をしているのか?」と思ってしまいやすいです。仕事をしても誰からも感謝されなかったり、いくら頑張っても反響がなかったりすると、やりがいを感じることが難しくなるかと思います。

*ノルマや責任
→「やらなければいけないこと」に振り回されてばかりいると、どうしてもストレスは高まります。ノルマも、見方を変えれば目標とも見れます。ただ、両者の違いは、自ら設定したものか?それとも、他者から設定されたものか?にあります。他人から押し付けられたノルマや責任はストレスでしかないでしょう。

勤務体系

*残業
→また、残業時間が長いと、帰宅してもすぐ寝ることになってしまうので、そうなると1日の全てが仕事で占められてしまいます。自分だけの休息の時間がありません。もっとも、仕事が好きな人にとってはそれでも良いかもしれませんが、長時間労働は精神的な面だけなく、肉体的にも辛いもの。仕事人間は、自らのストレスに自覚しにくくなっているので注意が必要です。

*休日が少ない
→長時間労働と同じですが、休日は、身体のためにも、心のためにも大切です。仕事のことを全く考えなくていい日は、やっぱり必要です。

*給料が少ない
→欲しいものを買うため、友人と遊びに行くため、家庭を築くため・・・何をするにしてもお金がかかります。それを給料の少なさによって、制限されることはやっぱりストレスになります。

職場関係

*人間関係
→退職理由でもよくトップにあげられるのが職場の人間関係。仕事をしにきているのに、それ以外のことで悩まされるって嫌ですよね。

*環境
→窓がなく閉鎖的なオフィスだったり、通勤時間が長かったりなどもストレスの一因になり得ます。職場は1日の大半を過ごす場所なので、しかもそれが5日間続くので、ちりも積もれば形式でストレスが雪だるまのように増えてしまっても無理もありません。

*人事評価や会社のシステム
→福利厚生がなかったり、適正な評価をしてもらえないと、会社が自分(従業員)のことを大切にしていないように感じてしまうでしょう。

あなたはこの中でどちらに当てはまりますか?「これだ!」と思ったのが「1つ」しかなかった人は、注意が必要です。どうしてでしょうか?なぜなら、ストレスは、基本的には2つ以上の要因が複合的に絡み合っているからです。人間の心は、ストレスの要因を1つに断定できるほどに、簡単なものではありません!

 ストレスの原因は1つではない。さまざまな要因が絡み合っている

例えば、あなたは「ノルマや責任に追われる毎日がストレス」と感じているとします。でも、実はそこにお給料の問題も関わっている場合があります。すると、あなたは単に「ノルマや責任」がストレスなのではなく、「ノルマや責任」に対し正当な評価(=報酬)を得られなかったことに本当は不満を抱いているのかもしれません。

だから、ノルマや責任に対ししかるべき報酬がちゃんと支払われるのであれば、あなたはその仕事がストレスだと感じなくなるかもしれません。

そんなあなたが単純に「自分は、ノルマや責任に追われるのが嫌なんだ」と勘違いしてしまい、ノルマや責任のない仕事に転職するとどうなるでしょうか?

もしかしたら、その人は、仕事の刺激のなさに物足りなさを感じてしまうかもしれません。

このようにストレスの原因を1つに決めつけてしまうと、間違った判断をしてしまう恐れがあります。それを防ぐためにも、ストレスは複合的に絡み合っているということをあらかじめ理解しておきましょう。

 具体的にどうストレスに対処すればいい?

ストレスの根元は、木の根のように複雑です。樹木が自らの根を確認できないように、人間も意外と自分の内面は自分でも分からないものです。だからそこは人の手を借りましょう。まずは、家族や信頼できる友人に自分の悩みを吐露するだけでも、いくらか心の中が整理されるはずです。ただ、「真に客観的な意見をもらうこと」「より踏み込んだ分析や対処法を見つけたい」のであれば、そこはキャリアのプロに相談するのが一番です。相談・転職サービス「CHOICE!」は、国家資格のキャリアコンサルタントによる相談を無料で受けることができます。相談方法も、LINEのチャットや電話、動画通話から選べるなど、どこに住んでいてもいつでもカウンセリングを受けることができます。

相談・転職サービスCHOICE!

POINT✅
①LINEで相談
②チャット・電話・動画通話から選べる
③国家資格のカウンセラーが応対
④休日や早朝・夜間も

❇️相談はこちらから▶︎▷▶︎https://choice-career.com/add_friend.html
(LINEに遷移します)


 

フリーターの末路は悲惨な結果に!?フリーターの将来を考える
働き方

フリーターの末路は悲惨な結果に!?フリーターの将来を考える

フリーターとして、働いている人は多くいます。実際に、フリーターとして働いている人は将来どのように考えているのでしょうか。今後もフリーターとして働きつづけた時の末路とはどのような結果となるので...

フリーターの末路は悲惨な結果に!?フリーターの将来を考える

フリーターとして、働いている人は多くいます。実際に、フリーターとして働いている人は将来どのように考えているのでしょうか。今後もフリーターとし...

柔軟な社会とは?最恐のヒキニートが働くためには
働き方

柔軟な社会とは?最恐のヒキニートが働くためには

「ひきこもり」や「ニート」という言葉を耳にしたことがある人は多いことでしょう。一方で、「ひきこもり」や「ニート」と並んで「ヒキニート」という言葉はご存知でしょうか。あまり聞き慣れない言葉であ...

柔軟な社会とは?最恐のヒキニートが働くためには

「ひきこもり」や「ニート」という言葉を耳にしたことがある人は多いことでしょう。一方で、「ひきこもり」や「ニート」と並んで「ヒキニート」という...

本当に勝ち組なのか?高卒公務員とは
働き方

本当に勝ち組なのか?高卒公務員とは

公務員と聞くと、生涯安定であり、優良企業と考える人も多いのではないでしょうか。そのため、高卒で公務員になった場合、勝ち組だと考える人もいるでしょう。高卒の場合、大卒と比べると、学歴がハンデと...

本当に勝ち組なのか?高卒公務員とは

公務員と聞くと、生涯安定であり、優良企業と考える人も多いのではないでしょうか。そのため、高卒で公務員になった場合、勝ち組だと考える人もいるで...

派遣を辞めたい。バックレではなく、きちんと辞める方法とは
働き方

派遣を辞めたい。バックレではなく、きちんと辞める方法とは

ポイント ●派遣のバックレは、派遣元の会社とあなただけの問題ではない。派遣先も絡んでくるため、最悪バックレると訴えられる可能性も。ただ現状、金銭的・時間的な問題で訴えられることはまずない。 ...

派遣を辞めたい。バックレではなく、きちんと辞める方法とは

ポイント ●派遣のバックレは、派遣元の会社とあなただけの問題ではない。派遣先も絡んでくるため、最悪バックレると訴えられる可能性も。ただ現状、...

正社員からフリーターになったほうが楽?幸せな働き方とは
働き方

正社員からフリーターになったほうが楽?幸せな働き方とは

正社員になりたいと考える人は、数多くいます。一方で、正社員からフリーターになりたいという人も一定数いることは事実です。一般的に考えると、収入や待遇面が安定している正社員のほうが幸せだと考える...

正社員からフリーターになったほうが楽?幸せな働き方とは

正社員になりたいと考える人は、数多くいます。一方で、正社員からフリーターになりたいという人も一定数いることは事実です。一般的に考えると、収入...

もっと関連記事をみる

TOP