就職・転職・収入アップ・キャリアアップのおすすめ情報マガジン|WORLD COMPASS

就職

初心者向け就職ガイド|履歴書の書き方と注意点

就職活動の際、多くの企業が履歴書の提出を求めます。では、企業の採用担当者は送られてきた履歴書をどのようにチェックし、どうやって応募者を見極めているのでしょうか。今回は履歴書を書く際に、最低限気をつけておかなくてはいけないポイントについて、就職活動のアドバイスをおこなっているキャリアカウンセラーの方に伺ってきました。

履歴書を応募するところから面接は始まっている

就職活動中の人が履歴書を書く際に、最初に気をつけていただきたいことがあります。それは「履歴書は一次面接と同じくらい大切なものだと意識すること」です。

採用担当者にとって、履歴書は応募者の第一印象を決めるもの。ここで採用担当者に悪い印象を与えてしまうと、そもそも書類審査で落とされてしまいます。

書類を送る時は、面接を受ける時よりもどうしても緊張感を持ちにくいところがあります。しかし、だからといって適当な書類を送って書類審査を通してくれるのは、あまり人気のない企業か、運が良い場合だけだと思ったほうがいいでしょう。履歴書を送った段階から面接は始まっていると考え、採用担当者に好印象を与えられるように丁寧に履歴書を作成しましょう。

書類審査は時代とともに減りつつあるが、軽視してはいけない

時代の流れとともに、書類審査をおこなわない企業も増えています。また、ハイキャリアの方々の転職であれば、「書類審査→面接」というやり方ではなく、紹介などを通じて転職するパターンも少なくありません。

しかし、それはあくまで一部の企業の話であって、そうでない企業も多いことを忘れてはいけません。特に地方の企業や中小企業などは書類審査をおこなっているところが多く、むしろ履歴書を重視しているところもあります。

書類審査をしない企業が増えているという流れがあるからといって、それを鵜呑みにせず、緊張感を持って書類審査に臨んだほうがいいでしょう。

採用担当者は履歴書をどのように使っているのか

①いい加減な人間でないか、基本の常識があるかをチェックしている

履歴書を書く上で「誤字・脱字、写真がズレている」などはもってのほかです。雑な履歴書を送ってしまうと採用担当者に「常識がない人」と判断されてしまいます。

また、間違った字を斜線や修正テープで消して書き直すのもやめておきましょう。こういった細かな部分は応募者の性格の粗が見えてしまうので要注意です。

書類審査をおこなう企業の中には、こういった形式的な部分を重視する企業が一定数存在します。形式的な部分はしっかり注意して丁寧に作成すればカバーできる部分です。注意をおこたったり手を抜いたりしてマイナス評価を受けるようなことは避けましょう。

②面接時の会話と履歴書が矛盾していないかチェックしている

書類審査を通過したからといって履歴書の役目が終わるわけではありません。書類審査通過後の履歴書は、面接の際の資料として面接官にチェックされることになります。

面接の際、「履歴書に添付された写真と印象が違わないか」「住所や扶養などの記載が虚偽でないか」「経歴を大げさに書いていないか」といったことを、面接官は応募者の話と照らし合わせながら確認しています。

面接官は今まで多くの履歴書に目を通してきているので、履歴書に嘘を書くと見抜かれてしまうこともあります。「これくらいならバレないだろう」と虚偽の記載をしてしまうと、面接時に困ったことになりかねません。当たり前のことですが、履歴書にはきちんと事実に沿ったことを書きましょう。

③社内で採用を検討する際に判断材料として使われる

採用に関して面接官が100%決定権を持っていることは少ないです。採用の判断をする際には、多くの場合、面接官よりさらに上の立場の人に応募者の情報を伝えることになります。

その際、面接官が感じた応募者の印象とともに、履歴書に記載された情報が判断材料となります。最近では履歴書を先に送るのではなく、採用のための資料として面接時に履歴書の持参を求める企業も増えています。

 

さいごに

今回は「履歴書を書く際に気をつけたいポイント」についてご紹介しました。採用担当者は履歴書から応募者の人柄などを読み取っています。履歴書だからといって手を抜いてしまうと、そのぶん採用担当者からの評価が下がると思っておいたほうがいいでしょう。

また、いい加減な履歴書を提出してしまうと、面接の際に足を引っ張りかねません。そういった意味でも、嘘のない丁寧な履歴書を作成することは応募の際の大前提なのです。

次回は志望動機や自己PRといった履歴書の項目ごとの注意点についてご紹介します。更新は10月2日火曜日を予定しています。今回の記事と合わせて、是非そちらもチェックしてみてくださいね。

 

次回記事:初心者向け就職ガイド|履歴書における趣味や志望動機の書き方

就職ガイド(面接編):初心者向け就職ガイド|面接を受ける際の注意点と対策

就職ガイド(面接編):初心者向け就職ガイド|面接の際のマナーに関する4つのポイント

 

WRITER

WORLD COMPASS編集部

CATEGORY カテゴリー

TAG タグ

悩みを解決したい!就活での悩みを解決する方法
就職

悩みを解決したい!就活での悩みを解決する方法

就活での悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。就活は、自己アピールをしたり、書類作成や面接を行ったりと、さまざまなことをする必要があるため、大変だというイメージを持つ人も多いでしょう...

悩みを解決したい!就活での悩みを解決する方法

就活での悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。就活は、自己アピールをしたり、書類作成や面接を行ったりと、さまざまなことをする必要があ...

自立を目指すニートの味方!?支援サービスとは
就職

自立を目指すニートの味方!?支援サービスとは

ニートが自立したいと決意した時、一人でどのように自立すればいいのか分からず悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。そんな時は、ニートが利用できる支援サービスを活用しましょう。 ニートに限ら...

自立を目指すニートの味方!?支援サービスとは

ニートが自立したいと決意した時、一人でどのように自立すればいいのか分からず悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。そんな時は、ニートが利用...

高卒の平均年収は?業種別・年齢別ランキング有り
就職

高卒の平均年収は?業種別・年齢別ランキング有り

高卒で就職を考える際、特に気になるのが高卒の平均年収ではないでしょうか?そこで今回は、高卒の平均年収を紹介していきます。業種別や年齢別の平均年収も紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね! ...

高卒の平均年収は?業種別・年齢別ランキング有り

高卒で就職を考える際、特に気になるのが高卒の平均年収ではないでしょうか?そこで今回は、高卒の平均年収を紹介していきます。業種別や年齢別の平均...

第二新卒とはいつまで?新卒や既卒との違いや転職活動の実態を解説
就職

第二新卒とはいつまで?新卒や既卒との違いや転職活動の実態を解説

第二新卒とは、卒業後から「いつまで」を指す言葉なのでしょうか?また、第二新卒と「新卒・既卒との違い」はどんなものなのでしょうか?今回は、第二新卒の定義から新卒・既卒との違い、第二新卒の転職活...

第二新卒とはいつまで?新卒や既卒との違いや転職活動の実態を解説

第二新卒とは、卒業後から「いつまで」を指す言葉なのでしょうか?また、第二新卒と「新卒・既卒との違い」はどんなものなのでしょうか?今回は、第二...

既卒は求人を探せるのか?実態や探し方などを紹介します
就職

既卒は求人を探せるのか?実態や探し方などを紹介します

既卒でも就活をしている人はたくさんいます。しかし、既卒という立場で求人を探すことができるのか悩んでいる人がいるでしょう。そこで、既卒で求人を探せるのか、その実態や具体的な探し方について紹介し...

既卒は求人を探せるのか?実態や探し方などを紹介します

既卒でも就活をしている人はたくさんいます。しかし、既卒という立場で求人を探すことができるのか悩んでいる人がいるでしょう。そこで、既卒で求人を...

もっと関連記事をみる

TOP