夜職から昼職へ転職する時に、事前に知っておきたい不安や悩みリスト

転職

夜職から昼職へ転職する時に、事前に知っておきたい不安や悩みリスト


夜職と昼職とでは、働き方やお給料などでやはり大きなギャップがあります。そのギャップについて何も知らないまま昼職へ移ってしまうと、いざそのギャップに直面した際にショックが大きくなってしまいます。そうならないためにも、事前にギャップについて理解しておきましょう。

 気軽には休めない

風俗では遅刻や当日欠勤を気軽に出来ていていたかもしれませんが、一般企業となるとそうはいきません。遅刻や当日欠勤は「0」が当たり前の世界です。もちろん病欠などはしょうがないですが、微熱など多少の風邪程度であれば出社する人がほとんどです。

風俗時代は、月の稼働日数が15日(週に3〜3.5日出勤ほど)以下の人もいたかもしれませんが、昼職ではだいたい月の稼働日数は20日強(週5日出勤)になります。なお、飲食やホテルなどの接客サービス業では勤務形態がシフト制になっており、休み希望は1カ月前くらいに申告する必要があります。したがって、「来週の月曜日休みます」とおいそれと休みを取るのは難しかったりします。

話す言葉が違う

一般企業と昼職とでは、そもそも使用する言葉が違います。挨拶の仕方、電話での言葉遣いなどのビジネスマナー的なことはもちろん、一般的なビジネス用語や、業界の専門用語を覚えなくてはなりません。

 収入が減少

夜職と昼職とではお給料に大きな差があります。昼職では、正社員として週5日1日8時間働いても手取り額が20万円に満たないことも決して珍しくはありません。したがって夜職の生活・消費スタイルを昼職でも続けてしまうと、あっという間にお金は尽きていってしまいます。この金銭感覚のズレが原因で、夜職に出戻る人は多いといいます。

 おしゃれができない場合がある

一般企業では身だしなみについての規定がある会社があります。

身だしなみについてのNG例

・金髪
・ネイル
・デニム
・露出の多い服
・ミニスカート

もちろんアパレル店員など職種によってはゆるいところもありますが、いずれにしても夜職時代ほどの自由さはないと思っておきましょう。

 昼職への転職は面倒くさい

風俗で働き始める時は、応募するとすぐに「今日面接いけますか?」と言われたり、面接を受けてみたらその場で採用を告げられたりしたかもしれません。しかし、昼職ではそんなスピード感はありません。一般企業を受けるとなると、履歴書等書類作成→送付→書類選考→面接日調整→面接(複数回)→内定までのプロセスを経なくてはなりません。その期間はだいたい3カ月程度と言われています。

 組織で働くことの不自由さ

風俗嬢はいわば個人事業主。したがって基本的には、自分の仕事は自分でコントロールできる立場にいたと思います。しかし、一般企業では自分で決められることは少ないです。好きな時間に休めなかったり、何かをするたびに上司の決裁をもらわなければいけなかったりなど、その企業のルールに従わなくてはいけません。ルールとして明文化されていなくても、「上司より先に帰りにくい雰囲気がある」など暗黙のルールのようなものがある場合もあります。

 昼職のハードルの高さにどう対処すればいいか?

本記事では夜職と昼職のギャップについて、いくつかあげてきました。これらは確かに大きなハードルです。でも、それは最初だけです。数ヶ月経てば、徐々に慣れてくるので必要以上に心配することはありません。

ただ、昼職への転職を決断するのであれば、早いに越したことはありません。年齢を重ねるにつれ、職歴の穴は大きくなっていくばかり。一般的なビジネスマナーやパソコンスキルもなし。

例えば、20歳の女性と35歳の女性、どちらも「就業経験なし」「ノースキル」であれば企業はどちらを採用するでしょうか?物覚えがよく会社の風土にも馴染みやすい、20歳の女性の方をとるでしょう。このようにただでさえ(特に未経験・ノースキルの場合)若い方が有利である世の中です。

元風俗嬢・年齢・職歴の穴・ノースキル・社会人未経験・夜職と昼職のギャップ・・・こうしたハンデにどう対処していくのか?それには、やはりキャリアのプロの助言が必要となってきます。

相談・転職サービスCHOICE!では、国家資格のキャリアコンサルタントに無料で相談をすることができます。取り返しのつかない年齢になってしまう前に、まずは相談だけでもしてみてはいかがでしょうか?


相談・転職サービスCHOICE!

POINT✅
①LINEで相談
②チャット・電話・動画通話から選べる
③国家資格のカウンセラーが応対
④休日や早朝・夜間も

❇️相談はこちらから▶︎▷▶︎https://choice-career.com/add_friend.html
(LINEに遷移します)


合わせて読みたい↓↓

風俗嬢が昼職の面接を受ける際に起きる職歴の問題と注意点

自信が無い、自己肯定感が低い……転職の際に風俗嬢がメンタル面で陥りやすい問題

WRITER

nakamura

CATEGORY カテゴリー

TAG タグ

初心者向け就職ガイド|面接の際のマナーに関する4つのポイント
転職

初心者向け就職ガイド|面接の際のマナーに関する4つのポイント

前回は企業面接で気を付けるポイントをご紹介しました。今回は面接の際に押さえておきたいマナーについて、就職活動のアドバイスをおこなっているキャリアカウンセラーの方にお話を伺ってきました。 ①お...

初心者向け就職ガイド|面接の際のマナーに関する4つのポイント

前回は企業面接で気を付けるポイントをご紹介しました。今回は面接の際に押さえておきたいマナーについて、就職活動のアドバイスをおこなっているキャ...

自信が無い、自己肯定感が低い……転職の際に風俗嬢がメンタル面で陥りやすい問題
転職

自信が無い、自己肯定感が低い……転職の際に風俗嬢がメンタル面で陥りやすい問題

前回は、風俗嬢の方が昼間の仕事(昼職)へ転職される際のハードルについて、キャリアカウンセラーの方にお話を伺いました。 続いて今回は、キャリアカウンセリングに来られる風俗嬢の方が抱えがちな「自...

自信が無い、自己肯定感が低い……転職の際に風俗嬢がメンタル面で陥りやすい問題

前回は、風俗嬢の方が昼間の仕事(昼職)へ転職される際のハードルについて、キャリアカウンセラーの方にお話を伺いました。 続いて今回は、キャリア...

Fラン大卒の低学歴で高収入大手企業に転職するには
転職

Fラン大卒の低学歴で高収入大手企業に転職するには

 学歴フィルターの存在理由 学歴フィルターという言葉を聞いたことはありますか?こんなものがなぜ存在しているのでしょうか? その理由は、新卒一括採用というシステムに関係しています。3月に説明会...

Fラン大卒の低学歴で高収入大手企業に転職するには

 学歴フィルターの存在理由 学歴フィルターという言葉を聞いたことはありますか?こんなものがなぜ存在しているのでしょうか? その理由は、新卒一...

アスペルガー症候群と就職について。キャリアカウンセラーが語る発達障害の方へのアドバイスと相談先
転職

アスペルガー症候群と就職について。キャリアカウンセラーが語る発達障害の方へのアドバイスと相談先

前回は「アスペルガー症候群と就職」について、「どういった問題があるのか」「どういった相談が多く寄せられているのか」をキャリアカウンセラーの方にお伺いしました。今回は具体的に「発達障害に関する...

アスペルガー症候群と就職について。キャリアカウンセラーが語る発達障害の方へのアドバイスと相談先

前回は「アスペルガー症候群と就職」について、「どういった問題があるのか」「どういった相談が多く寄せられているのか」をキャリアカウンセラーの方...

初心者向け就職ガイド|履歴書の書き方と注意点
転職

初心者向け就職ガイド|履歴書の書き方と注意点

就職活動の際、多くの企業が履歴書の提出を求めます。では、企業の採用担当者は送られてきた履歴書をどのようにチェックし、どうやって応募者を見極めているのでしょうか。今回は履歴書を書く際に、最低限...

初心者向け就職ガイド|履歴書の書き方と注意点

就職活動の際、多くの企業が履歴書の提出を求めます。では、企業の採用担当者は送られてきた履歴書をどのようにチェックし、どうやって応募者を見極め...

もっと関連記事をみる

TOP