今、キャリアに悩む人向け キャリアのミスマッチを起こさないためのヒントを詰め込んだWEBメディア|WORLD COMPASS

副業

難易度が低いオススメな副業とは。簡単にできるものを2つ紹介

ポイント

●クラウドソーシングはオンライン上で仕事を受注発注できるもの

●クラウドソーシングの二大巨頭は「Lancers(ランサーズ)」「クラウドワークス」

●「Lancers(ランサーズ)」「クラウドワークス」両方ともに、「プロジェクト」「タスク」「コンペ」があり、自分の働き方に合わせて自由に選べる

●UBEReats(ウーバーイーツ)とは、つまり出前

●UBEReats(ウーバーイーツ)は距離や場所・インセンティブによって、一件あたりの報酬が決まる。大体500円から900円が相場になっている。上手くいけば時給3,000円も可能。

 

 クラウドソーシング

クラウドソーシングとは、インターネットを通して仕事の受注・発注ができるサービスです。

その主なのが、「Lancers(ランサーズ)」「クラウドワークス」です。特に「Lancers(ランサーズ)」は日本で1番最初にできたクラウドソーシングなので、安定感があります。さらにその仕事カテゴリも277あるため、自分に合った仕事を選べるのが特徴です。

ただ「クラウドワークス」もYahoo!と提携しているので、信頼性はあります。仕事カテゴリも200種類以上があるため、「ランサーズ」とそこまで遜色はありません。

「ランサーズ」と「クラウドワークス」のどちらがいいのかは、それぞれやる案件によって違うので一概には言えません。

ただ「ランサーズ」には「認定ランサー制度」というものがあります。この「認定ランサー」に選ばれると、仕事を受注しやすくなったり、報酬が高くなったり色々とメリットがあるのです。

しかしこの「認定ランサー」に選ばれるには、クライアントから高い評価をもらい続け、本人確認等の認証が済んでいなければなりません。

そのため若干習得の難易度は高いですが、それでもこの「認定ランサー」に選ばれると多数のメリットがあるので、副業を始める人はここを目指してもいいかもしれません。

そして「Lancers(ランサーズ)」「クラウドワークス」ともに、「プロジェクト」「タスク」「コンペ」があり、自分の働き方に合わせて自由に選べます。

「プロジェクト」とは提案型の方式で、働き手はまず発注者にエントリーし、それを発注者が選べば取引成立で仕事を開始できます。

ただエントリーする人が大勢いる場合で、発注者が1人しか選ばない場合、仕事を受けることができない可能性があります。

それに対して「タスク」は、エントリーがなく「作業を開始する」を押せば、すぐに仕事ができるのが特徴です。

ただしデメリットは、プロジェクトよりも報酬が少ないことです。

「コンペ」はその名の通り、選ばれた人しか報酬がもらえないので、あまり腕に自信がない人はやめておいたほうが無難です。

「転職」「起業」に加えて新たに注目を集める「副業」という選択肢
副業

「転職」「起業」に加えて新たに注目を集める「副業」という選択肢

2018年は「副業解禁元年」と呼ばれており、これまで以上に副業に関する話題を耳にすることが増えたと思います。なぜ2018年が「副業解禁元年」と呼ばれているのかと言うと、政府の働き方改革の一環...

「転職」「起業」に加えて新たに注目を集める「副業」という選択肢

2018年は「副業解禁元年」と呼ばれており、これまで以上に副業に関する話題を耳にすることが増えたと思います。なぜ2018年が「副業解禁元年」...

もっと関連記事をみる

TOP