高卒で転職する際の理想と現実

就職

高卒で転職する際の理想と現実

高卒でも転職する時には、それぞれ様々な理由があります。その理由はどんなものにせよ、自分が理想としているような転職をめざして行かなければいけません。失敗してしまえば後悔だけではなく、現実的に生活などにも影響を及ぼしてしまうからです。

高卒の転職と現実

高卒の転職は、難しい部分が出てきます。現在は学歴社会と呼ばれているのは確かで、自分の思った通りの道に行きたいと思ったのであれば、高卒という最終学歴は不利な条件となるからです。それも大卒以上でなければ一切採用しないとしている企業も出てきており、圧倒的に不利な状況となってきています。

高卒が置かれている理想と現実

厳しい現実はありますが、全ての企業が門を閉ざしているわけではありません。高卒を積極的に採用している企業もあります。何も諦める必要もありません。しかし、現実としては大卒よりも選択肢が狭くなるのです。自分の抱いている理想の仕事ができるとは限らない現実を理解し、探していく必要があります。

選択肢は広く

高卒の転職の場合は、選択肢を狭めず幅広く見ていく必要があるでしょう。その中で大企業でも就職できる可能性が出てきます。全ての部門で大卒でなければいけないというわけでもないからです。希望する職種が大卒しか募集していなかったとしても、確認してみると面接は受けられるような時も出てきます。理由は簡単で、どんな企業でも学歴よりも優秀な人材が欲しいからです。優秀な人材を見つけたいからこそ、大卒という縛りを掛けているのを忘れてはいけません。自分の能力や経験が生かされる時です。

現実的に高卒でも転職しやすい職種

高卒でも転職しやすい業種はいくつも存在します。その傾向として、学歴などよりも実力主義をとって有用な業界は、転職しやすいと言えるでしょう。高卒が有利となるような場合もあるのです。

完全実力主義のIT業界

学歴不問としている代表的な存在がIT企業です。実力主義をしているところが多く、能力さえあれば学歴は全く気にしないとしているところが増えてきました。そのため、収入を見ても、高卒で大卒よりはるかに高い年収を得られる可能性も出てきます。年代としても若い人たちが多く、未経験でもやる気次第で対応してくれる可能性も持っているのです。
その分だけ多くのことを学び身につけなければいけません。実力主義である以上、待っていても収入は増えたりもしないからです。働きたいという意思が重要で、それだけの努力を重ねられる人なら、現実的に転職の道が見えてくるでしょう。
最近では、社内のコミュニケーションを英語で取るようなところも増えてきました。グローバル社会に対応するためにも、語学能力も高い方が間違いありません。

やる気があり行動力を求められる営業

営業職の中でも、販売に関する業種は、人数を確保してローラー戦略を取るという方向性が強いため、学歴主義ではありません。やる気があり行動力のある人材を求めているため、高卒でも転職の道が見えてきます。成績さえ上げられれば、年収も必然的に高くなる仕事です。大卒にも負けない年収を狙えます。営業の実績や経験は重視されますが、その業界の知識があるかどうかよりも、熱意を持って取り組めるかどうかがポイントです。
その反面、実力主義がはっきりと出てくる仕事で、出入りが激しい性格を持っています。成績をあげられなければ、肩身の狭い思いをするので、覚悟して入って行かなければいけません。

経験を重視する小売業の販売

小売業の販売に関する仕事も、学歴主義ではありません。逆に高卒でも、これまでに実績や経験を積んできていると有利に働きます。高卒でも送信したりする可能性は十分に高く、パートやアルバイトから会社の代表にまで上り詰めた人まで出てくる業界です。経験者を多く必要とするため、中途採用にも積極的に動きます。

実力主義の飲食業

完全な実力主義で、人材不足で知られているのが飲食業です。これまでの経験や実績があれば、高卒でフリーターしかしてこなかった人でも、実績さえあれば正社員として採用される可能性が高まります。その分だけ、給与としての待遇はあまり高くありませんが、昇進し出世すれば、かなり変わる業界でもあるのです。

慢性的な人材不足の介護業界

人手不足ということでは、介護業界も慢性的な悩みを抱えています。人手が全く足らず、学歴などを縛るよをかけている余裕がありません。未経験者でも数多く採用しなければならない現状ですが、給与などの待遇の低さが社会問題にもなってきました。ただし、国の政策が変わると大きく変化する可能性も秘めています。

高卒での転職を現実な方法で合格を目指す

高卒でも転職を成功させるためには、しっかりとした方向性を持たなければいけません。自分がどのような人材なのかしっかりとアピールできるようにする必要があるのです。

転職の理由は前向きに伝える

なぜ自分が転職したいのか、後ろ向きな理由である必要はありません。ネガティブな思考の人材をとりたいと思う企業はないからです。面接の時に確実に聞かれる質問の一つですが、前職をネガティブに表現するのはマイナスの評価を受けます。あくまでも自分が次のステップに移りたかったということを伝え、興味を持った業界だからこそ仕事として取り組んでみたいと話していくのが大切です。

即戦力のメリットを見せる

自分の能力が、その企業にとってメリットになると思わせなければいけません。つまり、即戦力になるという意味です。中途採用は、新卒採用とは違います。明日からでも戦力となれるかどうかが大きな焦点となるため、自分がどのように役立つのか、はっきりと伝えるのが得策です。

経歴にはエピソードを

職務経歴書の書き方でも増えてきましたが、自分の経歴にはエピソードをつけるのが大切です。具体的にどのようなことがあったのか、その内容を伝えられると、自社にとって有効な人間かどうかの判断材料につながるからです。面接の時にもそれが緒となり話が広がることも珍しくありません。相手に興味を持ってもらうという意味でもエピソードをつけておきましょう。

現実的で理想的な高卒での転職方法とは

転職先を見つける方法は色々とあります。しかし、ハローワークなどを頼っているだけでは現実的に難しい問題であったことに気がつくでしょう。

資格を取って臨む

高卒で自分が理想としている業界に転職を成功させるためには、現実的にやらなければいけないことがいくつかあります。その業界にとって必要な人材となるための資格を取得しておくのは、基本的な対策となるでしょう。事務や経理の仕事がしたいのであれば、簿記を取ればアピール材料になります。IT業界であれば基礎的な資格は持っており、それ以上の力を発揮できるとアピールする必要があるのです。

若いうちに行動を

高卒は働く期間が長く設定できます。大卒と比較して単純に4年間の差をつけることができるのです。企業としても若い人材を欲しいと思っているところが多いため、できるだけ若い時に行動に移すといいでしょう。

選択肢はできるだけ広く

選択肢もできるだけ広く持つ必要があります。狭めてしまうと、なかなか見つからない現実にぶつかり、心が折れてしまうことも珍しくありません。条件を広く持ち、とにかく多くの申し込みをかけ、落ちるのは当たり前程度に考えながらチャレンジしていく必要があります。

キャリアカウンセラーに相談してみる

自分自身だけで悩まず、様々な所に相談してみるのも大切です。キャリアカウンセラーが存在しているようなところに話をすると、新たな道が見えてくることも珍しくありません。

まとめ

高卒の転職は現実的に簡単とは言えません。難しい側面もあるのは事実ですが、それを打ち破る方法もいくつもあります。民間の転職の支援サービスなどうまく利用すれば、高卒の中途採用の案件も数多く見つけられるでしょう。サポートもしっかりしてくれます。キャリアカウンセリングも上手く使えば新たな道も見つかるはずです。

WRITER

WORLD COMPASS

CATEGORY カテゴリー

TAG タグ

ニートだから分かる「あるある」?ニートの常識とは
就職

ニートだから分かる「あるある」?ニートの常識とは

近年、ニートは増加傾向にあり、2019年時点でニートの人口総数は74万人となり、前年からも3万人増加しています。増え続けるニートは普段どのような生活をしているのでしょうか。ニートが生活で感じ...

ニートだから分かる「あるある」?ニートの常識とは

近年、ニートは増加傾向にあり、2019年時点でニートの人口総数は74万人となり、前年からも3万人増加しています。増え続けるニートは普段どのよ...

第二新卒が大手企業に転職するためには?何を準備するべき?
就職

第二新卒が大手企業に転職するためには?何を準備するべき?

新卒で就職はしたものの、やはり大手企業で働きたい、そのように思うかたも多いのではないでしょうか?社会人として働きだしたからこそそう思うのかもしれません。ですが第二新卒となるとなかなか大手企業...

第二新卒が大手企業に転職するためには?何を準備するべき?

新卒で就職はしたものの、やはり大手企業で働きたい、そのように思うかたも多いのではないでしょうか?社会人として働きだしたからこそそう思うのかも...

「うちの会社、労働生産性が低い…」できること知ることから始めよう
就職

「うちの会社、労働生産性が低い…」できること知ることから始めよう

 一人あたり◯◯で出遅れる日本 時はバブル真っ盛りの1987年。当時の日本の1人あたりの名目GDPは世界で何位だったかと思いますか?     答えは、2位です。 &nbs...

「うちの会社、労働生産性が低い…」できること知ることから始めよう

 一人あたり◯◯で出遅れる日本 時はバブル真っ盛りの1987年。当時の日本の1人あたりの名目GDPは世界で何位だったかと思いますか? &nb...

ニートが就職するためのポイントとできない人の特徴
就職

ニートが就職するためのポイントとできない人の特徴

ニートから脱出するためのには、当然就職するしかありませんしかし、ニートかつ職歴なしの状態から就職をするのは、決して簡単なことではありません。時には、何をしても就職できないという方もいるかもし...

ニートが就職するためのポイントとできない人の特徴

ニートから脱出するためのには、当然就職するしかありませんしかし、ニートかつ職歴なしの状態から就職をするのは、決して簡単なことではありません。...

支援が必要な「若年層のひきこもり」とキャリアカウンセラーにできること
就職

支援が必要な「若年層のひきこもり」とキャリアカウンセラーにできること

「ひきこもり」が社会問題となってから久しいですが、現在のひきこもりは、若い方から中高年、高齢の方までどんどん多様化していると言えます。また、生活を取り巻く環境や価値観の変化で問題はより一層複...

支援が必要な「若年層のひきこもり」とキャリアカウンセラーにできること

「ひきこもり」が社会問題となってから久しいですが、現在のひきこもりは、若い方から中高年、高齢の方までどんどん多様化していると言えます。また、...

もっと関連記事をみる

TOP