諦めるのはまだ早い!!フリーターから正社員への成功の道

就職

諦めるのはまだ早い!!フリーターから正社員への成功の道

フリーターから正社員へと考えている人は少なくありません。今後の将来をフリーターとして働き続けることに不安を感じ、正社員を目指すのです。しかし、フリーターから正社員になるために就職活動をする時、フリーターという経歴に不安を感じる人も多いことでしょう。

フリーターから正社員になることは、簡単なことではありません。やみくもに就職活動をしては、正社員になることはできないのです。

では、フリーターから正社員という成功を手にするためには、どのようなことが大切なのでしょうか。詳しくみていきましょう。

フリーターから正社員を目指す方法とは?

フリーターとして、今後も働き続けることは辛いと考えている人も多いでしょう。しかし、いざフリーターから正社員になろうと決意しても、どのようにしてなるべきなのか悩む人もいるのではないでしょうか。

生涯、フリーターとして働く人と、正社員で働く人とでは、生涯収入が1億以上差が開くと言われています。実際、フリーターと正社員では、さまざまな待遇の差があります。ボーナスや昇給は正社員にしかありません。フリーターの場合、ほとんどが時間給のため、体調を崩し休んでしまうと、その分給与が減ってしまうのです。

また、不景気や会社の業績の悪化から正社員よりも、雇用を切られてしまうという不安は大きいのです。将来を見据えた場合、早い段階で正社員になったほうがいいのです。

フリーターから正社員になるのは難しいのではないかと不安になる人も少なくありません。しかし、高卒のフリーターであっても正社員には就職はできます。しかし、必ずしも正社員になれるわけではありません。正社員になるための効率のよい方法で就職活動をする必要があります。

まずは、アルバイト先での正社員登用を目指すという方法です。今働いている職場が正社員を募集しているのならば、今の職場で正社員を目指す方が近道です。今働いている会社の正社員登用の有無とその条件や待遇などをしっかりと分析し、検討してみましょう。

また、派遣会社の紹介予定派遣の制度を活用する方法です。紹介予定派遣制度とは、派遣先で6ヶ月働いた後、働いている人と派遣元の会社がお互いに合意すれば、そのまま正社員として就職できるという制度です。

この場合、正社員になれる可能性は極めて高いと言ってもいいでしょう。そのため、とても人気の高い制度となります。派遣会社の選考に落とされる可能性も高いのです。

そして、ハローワークのトライアル雇用を活用する方法もあります。トライアル雇用制度とは、原則3ヶ月の試用期間を経て、正社員に就職できるという制度です。あまり知られていない制度のため、競争率も派遣会社の紹介予定派遣よりは低いといってもいいでしょう。

就職活動はとても孤独を感じてしまいますよね。一人で就職活動を行うことに不安を感じている人は、就職エージェントの力を借りることも一つの方法です。エージェントを利用する方法は、他の方法と比べて最短で正社員に就職できる可能性があります。エージェントの力を借りて、自分に合った求人を紹介してもらうことができます。

どの方法が自分に合っているのか、しっかりと検討していきましょう。

フリーターから正社員を目指す上での注意点

フリーターから正社員への就職を考えた時、やみくもに就職活動を続けても成功を手にすることは出来ません。しっかりと就職活動のポイントを押さえて、効率的に就職活動をする必要があります。

フリーターから正社員で就職するためには、まずは、職種選びがとても重要となります。やりたいことだけを軸に仕事を選択してはいけまません。やりたいという気持ちだけで仕事を選んでしまうと、自分の中の理想と現実の差に、がっかりしてしまうのです。

就職活動で職種を選ぶ時は、給与や待遇等、条件をしっかりと分析し選択する必要があります。そして、自分に合っているかどうか見極める必要があります。そのためにも、自己分析はとても重要です。自分の適性を理解するためにも自己分析を怠ってはいけません。自分自身の傾向を客観的に分析し理解をすることが大切なのです。

自己分析をするための自己分析ツールを活用することも出来るため、自己分析をしっかりと行い、仕事を選択していきましょう。

フリーターから正社員を目指す人にお勧め!!職種や働き方を解説

フリーターから正社員を目指す場合、就職しやすい職種には傾向があります。人手不足の職種は比較的就職しやすいのです。主に、運輸業、建設業、情報通信業、教育・学習支援等が挙げられます。

運輸業の場合、ネットショッピングの拡大により、人手不足となっていることが要因として挙げられます。また、運輸業から派生した、倉庫のピッキング、コールセンター、ドライバーなども職種として考えられます。

建設業の場合、近年マイフォームの購入だけではなく、リフォームをする家庭が増えたことが要因として挙げられます。

情報通信業の場合、業界的に人手不足です。初心者でも歓迎の求人が多い傾向にあります。教育・学習支援業の場合は、求人は多いですが、教員免許や大卒という条件があるため、応募できる人は限られます。

フリーターから正社員を目指すために大切なこと

フリーターから正社員を目指し、就職活動をした時、基本的に得られる情報は少ないものです。

就職活動では、履歴書と職務経歴書が必要となります。フリーターの場合、職務経歴書を記載するべきなのか悩む人も多いのではないでしょうか。アルバイトや派遣の職歴でも、ないよりはましです。完全な職歴なしよりは、記載するようにしましょう。少しでも面接でのアピールポイントとなるように、職務経歴書はしっかりと記載していきましょう。

また、一人で悩むことはやめましょう。一人の就職活動が不安な人は、ハローワークや就活エージェントを活用してみてはいかがでしょうか。周囲の人に履歴書をチェックしてもらってもいいのではないでしょうか。

自分自身を客観的にみて、対策を練ることもとても重要です。就職活動をスムーズに進めるためにも、入念に計画を練りましょう。

まとめ

さて、フリーターから正社員になるための方法について詳しくみていきましたが、いかがでしたでしょうか。フリーターから正社員になることは不可能ではありません。しかし、30代、40代と年齢を重ねてしまうと選択肢が限られます。決断をするならば、早い方がよいのです。

就職活動をする時に、今までの職歴に不安を感じる人も多いでしょう。しかし、今までの職歴を隠すのではなく、強みとしてアピールしてみてはいかがでしょうか。本来、新卒で正社員として働いている人は、着実にキャリアを重ねています。一方、フリーターの場合、正式な社会人経験として認識されないのです。とても不利な状況となります。しかし、フリーターとして働いた期間の経験や学びをプラスに変え、アピールすることで、強みへと代わります。

就職活動は自己アピール力が試される場です。しっかりと自己アピールするためには、まずは自己分析をしっかりと行うことです。自分の特徴や傾向を深く理解し、自己アピールを考えていきましょう。

やみくもに就職活動をしていても、成功を手にすることはできません。フリーターから正社員へとなれるように、しっかりと分析と対策をして、効率的に就職活動を進めていきましょう。

既卒は求人を探せるのか?実態や探し方などを紹介します
就職

既卒は求人を探せるのか?実態や探し方などを紹介します

既卒でも就活をしている人はたくさんいます。しかし、既卒という立場で求人を探すことができるのか悩んでいる人がいるでしょう。そこで、既卒で求人を探せるのか、その実態や具体的な探し方について紹介し...

既卒は求人を探せるのか?実態や探し方などを紹介します

既卒でも就活をしている人はたくさんいます。しかし、既卒という立場で求人を探すことができるのか悩んでいる人がいるでしょう。そこで、既卒で求人を...

悩みを解決したい!就活での悩みを解決する方法
就職

悩みを解決したい!就活での悩みを解決する方法

就活での悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。就活は、自己アピールをしたり、書類作成や面接を行ったりと、さまざまなことをする必要があるため、大変だというイメージを持つ人も多いでしょう...

悩みを解決したい!就活での悩みを解決する方法

就活での悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。就活は、自己アピールをしたり、書類作成や面接を行ったりと、さまざまなことをする必要があ...

高卒公務員の年収や給料はどのくらい?【大卒とも比較】
就職

高卒公務員の年収や給料はどのくらい?【大卒とも比較】

公務員は、大卒でなければ就職できない印象がありますが、高卒でも就職することができます。今回は、高卒公務員の年収や給料を紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 高卒公務員の年収や...

高卒公務員の年収や給料はどのくらい?【大卒とも比較】

公務員は、大卒でなければ就職できない印象がありますが、高卒でも就職することができます。今回は、高卒公務員の年収や給料を紹介していきますので、...

ニートが就職するためのポイントとできない人の特徴
就職

ニートが就職するためのポイントとできない人の特徴

ニートから脱出するためのには、当然就職するしかありませんしかし、ニートかつ職歴なしの状態から就職をするのは、決して簡単なことではありません。時には、何をしても就職できないという方もいるかもし...

ニートが就職するためのポイントとできない人の特徴

ニートから脱出するためのには、当然就職するしかありませんしかし、ニートかつ職歴なしの状態から就職をするのは、決して簡単なことではありません。...

就職の強い味方!?障害者向け就職支援とは
就職

就職の強い味方!?障害者向け就職支援とは

障害者が就職をしようと考えた時、障害を理解してもらえる職場でなければ、長く続けることはできません。そのため、自分に合った仕事探しはとても大変なことなのです。 障害者向けの就職支援があることは...

就職の強い味方!?障害者向け就職支援とは

障害者が就職をしようと考えた時、障害を理解してもらえる職場でなければ、長く続けることはできません。そのため、自分に合った仕事探しはとても大変...

もっと関連記事をみる

TOP