脱引きニートを目指せ!引きニートの明るい未来とは

働き方

脱引きニートを目指せ!引きニートの明るい未来とは

引きニートという言葉を耳にしたことがありますか。引きニートと聞くと、「引きこもり」や「ニート」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

引きニートとは、「引きこもり」と「ニート」の両方の要素を含んだ言葉となります。現在、引きニートは増加傾向にあり、年齢層も若い世代から中年層にまで広がっているのです。

では、引きニートを続けた時、どのような未来が待っているのでしょうか。そして、脱引きニートを実現させることは可能なのでしょうか。引きニートについて、詳しくみていきましょう。

引きニートとは?ニートやひきこもりとの違い

引きニートとは、「引きこもり」と「ニート」を組み合わせた言葉となります。引きこもりとは、家から外出せずにこもっている人を指しており、ニートは働く意思のない人を指しています。

引きニートよりも「引きこもり」や「ニート」という言葉を聞いたことがある人の方が多いのではないでしょうか。それぞれの言葉の違いを理解している人は少なくでしょう。では、「引きこもり」と「ニート」そして「引きニート」について詳しくみていきましょう。

そもそもニートとは、15歳〜34歳という対象年齢が定められています。ニートは、働く意思がない人を指しているため、必ずしも家に引きこもっているわけではありません。働いていないだけで、日常的に外出をしたり、友人や知人と会ったり等、人との関わりがある人も少なくありません。ニートの場合、過去に受験や就職で挫折を経験し、立ち直れずにそのままニートを続けている人が多い傾向にあります。そのため、働くということに抵抗があり、社会に出ることに拒否反応を示しているのです。

また、親からの経済的援助を受けており、生活の不安がないこともニート生活を続ける要因となっています。今の生活に不安がないため、「わざわざ働く必要がない」と働く意思を持てずに、危機感がなく、楽観的な人も少なくありません。

働く意思がないニートは、向上心や将来やりたいことがなく、目標を持てない人が多い傾向にあります。自分自身で目標を持てないため、就職をしても、長くは続かず、すぐに辞めてしまうのです。

一方、引きこもりは、仕事や学校に行かず、家族以外の人との交流を絶ち、6ヶ月以上続けて、家に引きこもっている人を指しています。引きこもりは、社会活動に参加していないということが前提であり、中には、在宅ワークや株等で収入を得ている人もいます。

つまり、引きこもりとニートを合わせた「引きニート」は、就職をする意思がなく、社会との関わりを絶って家に引きこもっている人を表す言葉なのです。

引きニートの実態とは?脱引きニートの方法

引きニートが就職しようと決意しても、ブランク期間が不安になり、なかなか就職活動へと行動出来ない人が多いのではないでしょうか。そんな時は、支援機関を活用することをおすすめします。

例えば、ハローワークの活用です。ハローワークでは、求人情報の紹介だけではなく、就職活動の様々な相談や、就職セミナーや職業訓練を実施しているため、就職活動のさまざまなサポートを受けることが可能となります。ハローワークは、全国に数多くあるため、一度自分の住んでいる地域のハローワークを訪問してみてはいかがでしょうか。

また、民間の場合、就職エージェントを活用することもできます。個別の相談やアドバイスを受けることができるため、履歴書の添削や面接対策等、手厚いサポートを受けることができます。

引きニートが就職活動をする場合、様々な不安を抱えることでしょう。なかなか一歩を踏み出せずに迷っている人は、まずは支援サービスを利用して、就職活動に向けた一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

引きニートが働くためには?おすすめの仕事とは

引きニートが働くためには、自分に合った仕事を選択することはとても重要です。引きニートの状態から、すぐに接客や肉体労働をすることはとても難しく、長続きしないことも多いのです。また引きニートの中には、人と関わることが恐いと考える人もいることでしょう。

まずは、フルタイム勤務ではなく、週に2〜3日の勤務など、勤務数の少ない仕事を選択することもできます。いきなりフルタイムの仕事をすると、精神的にも体力的にも疲れてしまいます。長く続けることを考えれば、最初はできる限り負担を軽減した働き方をすることが、とても重要です。

また、人との関わりが少ない職種を選ぶことも一つの方法です。工場勤務や警備員等、一人で仕事が完結し、極力コミュニケーションをとる必要のない仕事もあります。最初は、人と関わらない仕事からスタートし、徐々に慣れていきましょう。

一方、在宅ワークという方法もあります。今では、コロナの影響で、さまざまな在宅の仕事が増えており、在宅ワークの求人情報を掲載する求人サイトもあります。会社によっては、リモートワークを推奨している場合もあるため、自宅で働くことは十分に可能となります。

引きニートの場合、最初の働き始めがとても重要です。無理なく働ける場所を選び、働くことに慣れていきましょう。職場によって、環境や雰囲気は様々です。自分自身が無理なく働ける仕事を選択していきましょう。

引きニートの悲しい末路とは

引きニートとは、働かずに家に引きこもっているため、社会復帰をするまでの道のりはとても険しいものとなるでしょう。

今深刻な問題となっているのは、このような引きニートの高齢化です。引きニートを始めた年齢は、20歳前後の若い時期が多い傾向にありますが、引きニート期間が長期化する人が多く、そのまま年を重ねても引きニートのままという人が増えているのです。そのため、10代、20代に限らず、30代、40代と中年や高齢の引きニートは、珍しくはありません。

多くの引きニートが、親からの経済的援助を受けて生活をしています。しかし、引きニートを続ければ、親も高齢になります。例えば、親が病気になったり、最悪の場合亡くなってしまったりすると、親の援助を受けられなくなってしまうのです。親からの援助がなくなれば、引きニートが経済的に困窮してしまうことは目に見えています。

まとめ

さて、引きニートについて詳しくみていきましたが、いかがでしたでしょうか。引きニートとは、働かずに家に引きこもっている人を指しています。過去に働くことにトラウマを抱えていたり、人と関わることに恐怖を感じている人が多い傾向にあります。引きニートの場合、親からの経済的援助を受けて生活している人がほとんどでしょう。しかし、いつまでも親の経済的援助を受けることができる保障はありません。

引きニート期間が長くなればなるほど、抜け出せず、引きニート生活を続けてしまう人は多いでしょう。そんな引きニート生活を脱出するためには、まずは就職に向けて行動してみてはいかがでしょうか。就職支援の中には、就職セミナー等を実施している施設もあります。就職をするためにも、まずは人と関わることに慣れていくことも重要です。

また、今ではリモートワークや在宅ワークが増えており、自宅にいながらも働くことが可能なのです。自分自身が無理なく働くために、自分に合った仕事を選択し、徐々に慣れていきましょう。

WRITER

WORLD COMPASS

CATEGORY カテゴリー

TAG タグ

今更聞けない「働き方改革」とは。内容や具体的な残業の有無等を紹介
働き方

今更聞けない「働き方改革」とは。内容や具体的な残業の有無等を紹介

  ポイント ●働き改革により、国民のワークライフバランスが充実する。 ●従業員は5日以上有給休暇が取れるようになる。企業がそれを怠れば、罰則を課せられる。 ●同一労働同一賃金によ...

今更聞けない「働き方改革」とは。内容や具体的な残業の有無等を紹介

  ポイント ●働き改革により、国民のワークライフバランスが充実する。 ●従業員は5日以上有給休暇が取れるようになる。企業がそれを...

得する知識!?失業手当と扶養とは
働き方

得する知識!?失業手当と扶養とは

失業してしまった時、すぐにでも収入を得たいと考えますよね。失業手当と扶養どちらも受けることはできないのかと考えてしまう人は多いのではないでしょうか。 失業手当と扶養の違いはご存知でしょうか。...

得する知識!?失業手当と扶養とは

失業してしまった時、すぐにでも収入を得たいと考えますよね。失業手当と扶養どちらも受けることはできないのかと考えてしまう人は多いのではないでし...

ニートが社会復帰するためには?必要な準備やおすすめの仕事を紹介
働き方

ニートが社会復帰するためには?必要な準備やおすすめの仕事を紹介

ニートが社会復帰を望んでも、さまざまな原因から就職が困難なことが多いのが現実です。ニートが本気で社会復帰をするために必要な準備や、就職しやすい仕事とはどんなものなのでしょうか?今回は、ニート...

ニートが社会復帰するためには?必要な準備やおすすめの仕事を紹介

ニートが社会復帰を望んでも、さまざまな原因から就職が困難なことが多いのが現実です。ニートが本気で社会復帰をするために必要な準備や、就職しやす...

フリーターになりたい!幸せなフリーター生活とは
働き方

フリーターになりたい!幸せなフリーター生活とは

フリーターとして、アルバイトやパートで生計を立てる人は、増加傾向にあります。フリーターになる理由は人それぞれであり、中には、「フリーターになりたい」と考え、自らフリーターとしての働き方を選択...

フリーターになりたい!幸せなフリーター生活とは

フリーターとして、アルバイトやパートで生計を立てる人は、増加傾向にあります。フリーターになる理由は人それぞれであり、中には、「フリーターにな...

中卒の割合とは?実際の数字や問題点などについてまとめました
働き方

中卒の割合とは?実際の数字や問題点などについてまとめました

日本には未だに中卒の人が存在します。実際にどのくらいの人がいてどういった問題点があるのか気になる人は多いでしょう。そこで、日本の中卒の割合など気になる点を解説します。 日本の中卒の割合は2割...

中卒の割合とは?実際の数字や問題点などについてまとめました

日本には未だに中卒の人が存在します。実際にどのくらいの人がいてどういった問題点があるのか気になる人は多いでしょう。そこで、日本の中卒の割合な...

もっと関連記事をみる

TOP