第二新卒を有効活用せよ!?いつまでOKなの?有利な就活とは

就職

第二新卒を有効活用せよ!?いつまでOKなの?有利な就活とは

第二新卒という言葉をよく耳にすることでしょう。そもそも第二新卒は、就職氷河期で内定を得ることができずに、就職できなかった学生のためにできた言葉です。第二新卒の場合、企業によっては新卒枠で就職できる可能性が残されているのです。

しかし、第二新卒と聞いても、具体的にいつまでOKなのか、自分は対象なのかよく分からないと悩んでしまう人も多いでしょう。

では、第二新卒とはどのような人を指しているのでしょうか。第二新卒での有利な就職活動とはどのようなものなのでしょうか。詳しくみていきましょう。

第二新卒とは?いつまで適応する?

第二新卒という言葉を聞いたことがありますか。第二新卒はいつまでだろうと疑問に思う人も多いでしょう。第二新卒とは、一般的に大学を卒業してすぐに正社員として就職した後、1〜3年ほどで退職し、転職先を探している人を指しています。つまり、ほとんどの場合年齢でいうと、25歳までが当てはまることになりますね。しかし、留年や浪人、大学院卒の場合は、年齢が違うため、年齢ではなく大学卒業からの年数で考えていきましょう。

20代の転職において、「既卒」という言葉もよく耳にします。「既卒」とは、大学卒業後、新卒で就職せずに、正社員として働いた経験のない若者を指す言葉です。つまり、「第二新卒」と「既卒」の大きな違いは、1年程の短い期間でも正社員経験をしたことがあるかないかということになります。

第二新卒の場合、転職活動はどのようなものになるのでしょうか。そもそも、第二新卒という言葉は、就職氷河期により、内定率が著しく低下したことが要因となっています。そのため、企業によっては、第二新卒歓迎とされる求人もあります。それぞれの企業によって条件は異なりますが、第二新卒の場合でも、新卒枠で選考を受けることも可能という点はとても大きなメリットではないでしょうか。

第二新卒歓迎という求人を見つけた場合は、募集資格に記載されている大学卒業が○年以内、○年3月卒業見込みという言葉を注意してみてみましょう。

しかし、第二新卒という定義は法律で定められているわけではありません。フリーターやニートの場合でも、一度でも正社員経験があれば、企業によっては第二新卒として受け入れてくれる可能性もあるため、求人は幅広く探しておきましょう。思いがけず第二新卒枠の求人を見つけることができるかもしれません。

第二新卒はいつまで?就職を成功するポイントとは

第二新卒で就職をする場合、企業により第二新卒の条件が異なる場合があります。第二新卒はいつまで有効なのかは企業ごとの求人を注意深くみることがとても重要です。

第二新卒の場合、既に離職経験があることになります。そのため、またすぐに離職しないためにも慎重に企業を選択したいと考える人も多いのではないでしょか。転職回数が増えてしまうと、忍耐力や精神面でマイナスな印象を与えてしまい、就職活動が厳しい状況となってしまうのです。

前職での失敗や経験を活かし、自分に合った企業選びをすることはとても重要です。そのためにも、企業選びの注意点を押さえておきましょう。まずは、給与や待遇面のみで企業選択をしないことです。もちろん、給与や待遇面も重要ですが、仕事でのやりがいや、職場の雰囲気などもとても重要です。人間関係を理由に仕事を辞める人は少なくありません。

また、仕事内容や企業の雰囲気が合わず、企業とミスマッチしてしまう可能性も高くなります。企業を総合的に判断し、自分に合っているかどうか選択する必要があります。

また、転職活動前に、十分な自己分析を改めて行うべきです。前職の経験から感じたことおを参考に、改めて自己分析をすることで、「この仕事は楽しかった」「この業務はスムーズにできた」など、自分の興味や得意なことを明確にすることはとても重要です。

自分に合った仕事を選択すれば、転職後楽しく働くことができますよね。転職活動前の十分な自己分析をして、自分の特徴や傾向を見つけましょう。

第二新卒はいつまで有効?企業が欲しがる人材とは

第二新卒として就職活動をする場合、いつまで有効なのかと悩む人もいるでしょう。新卒の学生より不利なのではないかと考えてはいませんか。しかし、最近では、企業が第二新卒の学生を積極採用するケースが増えています。なぜならば、企業側にも第二新卒として若い人材を採用するメリットがあるのです。

第二新卒の場合、正社員として経験があります。3年以内で退職してしまったとしても、社会人経験がない新卒の学生よりも少なからず経験をしているため、企業としても教育しやすいですよね。また、正社員経験が短ければ、それほど以前の企業に染まっていないことが多いため、採用しやすいのです。

また、第二新卒は、前職で経験した失敗を経て、自分自身を自己分析する能力が身に付いている場合が多いのです。人手不足の解消の目的もあるため、経験をしている人材ならば、即戦力としても期待できるのです。

そのため、前職の経験をしっかりと活かしていく必要があります。選考の際も、前職の失敗や経験から学んだことを強みとしてアピールしてみてはいかがでしょうか。就職活動も2回目です。新卒の学生との差を明確にし、自己アピールすることをお勧めします。

第二新卒はいつまでなの?就活で避けるべきこと

第二新卒はいつまで適応されるのか、自分が適応しているのか分かりましたか。第二新卒で転職活動をする場合は、新卒で受ける時や第二新卒で受ける場合など、さまざまな条件下で活動をすることが増えます。

どちらにせよ、まずは、しっかりと転職活動の準備をして望みましょう。転職目的や将来のビジョンを明確にせずに、転職活動をしてしまうと、自分に合った企業を見つけることができずに、良い結果へと導くことができないのです。

イメージすべきは、入社後の自分自身です。第二新卒の場合、新卒と違い、働いている自分自身を具体的にイメージすることができるのではないでしょうか。入社後の自分を具体的にイメージし、転職活動に意欲的に臨みましょう。

企業側は第二新卒の採用で最も懸念することは早期離職です。第二新卒の場合、正社員経験が強みにもなれば、離職経験が弱みにもなります。一度退職した人は、辞めることに対してのハードルが下がるのは確かなことです。企業の懸念を払拭するためにも、転職の目的やm入社後のビジョンを明確にし、自己アピールしていきましょう。

まとめ

さて、第二新卒について詳しくみていきましたが、いかがでしたでしょうか。第二新卒と聞いてもいつまで第二新卒となるのか分からず、転職活動をしている人も多いのではないでしょうか。第二新卒の場合、企業によっては、新卒枠で就職できる場合もあります。まずは、自分自身が第二新卒に当てはまるかどうかを明確にするべきです。

第二新卒で転職活動をする時、前職の経験を活かしていきましょう。前職の失敗や経験を活かし、改めて自己分析をしましょう。自分に合った仕事は何なのか。どのようなことが得意なのかを改めて理解しましょう。自己分析の充実が企業とのミスマッチを防ぎます。

第二新卒でも、まだまだ自分に合った企業に就職するチャンスが残されています。今までの経験を活かし、進めていきましょう。

WRITER

WORLD COMPASS

CATEGORY カテゴリー

TAG タグ

ハローワーク大阪の求人をうまくいかそう
就職

ハローワーク大阪の求人をうまくいかそう

大阪のハローワークには多くの求人が集まってきます。日本第二の都市として、非常に多くの企業が集まっており、案件も膨大な数にのぼるからです。うまく活かしていけば、転職も成功へ導いていけるでしょう...

ハローワーク大阪の求人をうまくいかそう

大阪のハローワークには多くの求人が集まってきます。日本第二の都市として、非常に多くの企業が集まっており、案件も膨大な数にのぼるからです。うま...

フリーターとは?フリーターの危険性と正社員就職するための方法を解説
就職

フリーターとは?フリーターの危険性と正社員就職するための方法を解説

フリーターとは、経済的に不安定であり、社会的信用度も低い働き方です。このままフリーターを続けてもよいのかを悩んでいる人は、こちらの記事を参考にし、正社員になるための就職活動を始めましょう! ...

フリーターとは?フリーターの危険性と正社員就職するための方法を解説

フリーターとは、経済的に不安定であり、社会的信用度も低い働き方です。このままフリーターを続けてもよいのかを悩んでいる人は、こちらの記事を参考...

ハローワークの求人情報に良質なものはある? 就職のために知っておきましょう
就職

ハローワークの求人情報に良質なものはある? 就職のために知っておきましょう

ハローワークの求人情報は、非常に様々なものがあります。誰もが知っているような有名企業の求人から、法律すれすれのブラック企業のような求人まで、その質は千差万別です。では、ハローワークの求人情報...

ハローワークの求人情報に良質なものはある? 就職のために知っておきましょう

ハローワークの求人情報は、非常に様々なものがあります。誰もが知っているような有名企業の求人から、法律すれすれのブラック企業のような求人まで、...

支援が必要な「若年層のひきこもり」とキャリアカウンセラーにできること
就職

支援が必要な「若年層のひきこもり」とキャリアカウンセラーにできること

「ひきこもり」が社会問題となってから久しいですが、現在のひきこもりは、若い方から中高年、高齢の方までどんどん多様化していると言えます。また、生活を取り巻く環境や価値観の変化で問題はより一層複...

支援が必要な「若年層のひきこもり」とキャリアカウンセラーにできること

「ひきこもり」が社会問題となってから久しいですが、現在のひきこもりは、若い方から中高年、高齢の方までどんどん多様化していると言えます。また、...

地方就職の強い味方のハローワーク!札幌圏で就職をするには
就職

地方就職の強い味方のハローワーク!札幌圏で就職をするには

近年では、地方でのスローライフに憧れ、地方就職を目指す人も増えています。地方就職の場合、ハローワークを活用することをお勧めします。地方でも特に魅力的な場所の一つとして札幌が挙げられるのではな...

地方就職の強い味方のハローワーク!札幌圏で就職をするには

近年では、地方でのスローライフに憧れ、地方就職を目指す人も増えています。地方就職の場合、ハローワークを活用することをお勧めします。地方でも特...

もっと関連記事をみる

TOP