第二新卒の方必見!履歴書の書き方!新卒との違いを解説する

就職

第二新卒の方必見!履歴書の書き方!新卒との違いを解説する

第二新卒の履歴書において面接官が重視することというのは何なのでしょうか?新卒採用時とは少し違っています。第二新卒に企業が期待するポイントを踏まえ特徴のある履歴書を作成して行きましょう。

第二新卒の履歴書の書き方アピールポイントは?

第二新卒が好まれる理由としてはまずひとつめに「基本的なビジネスマナーが身についていいること」です。新卒に比べ、ビジネスマナーが身についているという点は、企業が第二新卒を積極的に採用したいとする大きな理由の一つとなります。

通常は企業が新卒を採用した場合、挨拶からお辞儀の仕方、名刺の差し出し方に至るまで、一から自社で教育をする必要があります。ですが、第二新卒なら、そのような基本的なマナーは既に身についているということが期待できますので、すぐに実践的な教育に移ることができ、企業にとっては育成の手間や費用の軽減に繋がります。

「仕事に対する意欲ややる気があること」第二新卒は、「いったん就職したものの、何らかの不満や不都合があって転職を決意した人」です。つまり「転職を決意するまでに何か大きな事情があったに違いない」と考える企業が多いのです。

大変な思いをしてまで転職したいと思うことに対して、求人側の企業が、仕事に対する熱意や意欲がある人だと考える傾向があります。「社会人としての経験が浅いので社風になじみやすいこと」企業の採用担当者が人材を選ぶにあたり、重視する項目のひとつが「社風に合う人材かどうか」です。

企業にはそれぞれ独自の文化があり、特に既卒の求人の場合は、どんなに優秀な人であったとしても、「社風になじめそうもない」という理由で採用見送りになる場合もあります。しかし、まだ社会人経験が浅い第二新卒の場合は、「これから社風になじんでくれるだろう」という期待もあって採用される傾向があって、いわゆる中途採用者に比べると採用されるかどうかのハードルは低くなる傾向にあります。

第二新卒の履歴書の書き方採用担当者はどこを見ているか

さて、採用担当者がチェックする点というのはどのような点なのでしょうか?

「労働条件や人柄が自社にマッチしているかどうか」

労働条件について必要以上に書きすぎてしまうと、前の会社で労働条件に不満をもっていたことを伺わせてしまう可能性があります。

転職の根拠となり得るものであれば、問題はありませんが、あまりにも詳細な条件を提示しすぎると、「また労働条件に不満を持つのではないか」というような採用担当者の方によくない印象を与えるおそれがあります。

「社風とマッチしているか」

また、会社に馴染めるか、すぐに辞めてしまう可能性がないかどうかを見るために、「社風とマッチしているか」というポイントもチェックされます。そのため、志望動機、自分のアピールポイントを書く際には企業理念や会社の方針に合うように書くといいでしょう。
そして二つ目に「企業が求めるスキルを持っているかどうか」第二新卒の場合には、将来性があるかどうかに加えてビジネスマナーや仕事の基本がどれだけ身についているのかを評価されます。前職での経験を踏まえたうえで、どのような貢献ができるのかをアピールしましょう。

「志望動機から伝わる意欲と転職理由」

第二新卒では、スキルやキャリアを十分にアピールできない分、志望動機や転職理由が重要なチェックポイントとなります。志望動機は、改めて社会人として将来の人生設計を考えた結果であることを示すのが良いでしょう。

また、転職の理由について伝えるときには注意が必要です。本当の転職理由が今の社会への不満だったとしても、それをそのまま伝えるのではなく、前向きな理由に変えてアピールをしましょう。

「丁寧に書かれた履歴書であるか」

たとえ字が上手でなくても、丁寧に書かれているかどうかが重要です。あわてて書いたような雑な文字だと採用担当者に「本気で転職する気があるのか?」という印象を与えかねません。履歴書を手書きで提出する場合、ゆっくり丁寧に書くようにしましょう。「顔写真の雰囲気や身だしなみ」も大事です。履歴書で最初に目に入る写真は、あなたの第一印象を大きく左右します。書類の内容が非常に良いものであっても、写真の印象が悪いために不合格になる可能性もあります。好印象を与える表情、清潔感のある服装で写るように気を配りましょう。

第二新卒が履歴書を作成するためのコツとは?

第二新卒の履歴書作成は、企業が応募者に期待する資質を踏まえて作ることが非常に重要となってきます。具体的に、以下の3点が特に重要なポイントとなっており、これらを盛り込むことにより、新卒や中途採用者とは異なる第二新卒ならではの特徴ある履歴書になります。

「社会人としてのマナーが身についていることを印象付ける」

第二新卒に期待されているのは、「新卒には望めない、社会人としてのマナーが身についていること」です。履歴書の書き方がひとつ見ても、社会人としてのマナーや配慮は表れます。読む人にとって見やすく、わかりやすい履歴書づくりを心がけます。

「社会人経験があるかどうか」

前職で感じたこと、退職した理由、今回応募した理由もうまく説明することができれば、新卒にはできない方法で採用担当者に自分をアピールすることができます。

「職歴には事業内容や経験、身についたスキルを書き添えてOK」

第二新卒の場合、社会人としての経験が浅い分、職歴はそれほど多くないはずです。そのため、単に担当した業務を書くだけでなく、具体的な事業内容や、経験、身についたスキルなどを書き添えるといいでしょう。そうすることで、新卒にはないビジネスの基礎力をアピールすることが可能です。

第二新卒が履歴書を作成するために注意するべきこと

まず一つに履歴書の種類と規格を確認することにあります。標準的な履歴書としてはJIS規格が使われています。学歴や職歴欄が多く特技や自己 PR欄が比較的少ないのが特徴となっています。後は「手書きかパソコン作成か」ということで違ってきます。企業によっては履歴書もパソコン作成で作られるのが前提となっています。

全ての企業に当てはまるわけではないのですが、概ね外資系やIT関連の企業はパソコン作成が多いでしょう。

あと写真は3ヶ月以内に撮った写真を使用します。万が一剥がれた時に備えて裏に氏名を書いておくなど基本的ルールに加えて、「柔らかい表情を心がける」「きちんとした服装で撮ったものを使用する」といった好印象を持ってもらうことを意識しましょう。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?職務経歴書はこれまでの職務経歴をアピールする大切な書類です。しかし第二新卒キャリアが浅いためどういった内容を開けばいいか迷うのではないでしょうか 作用を判断する資料ではありませんが第一印象に大きな影響を及ぼす書類となります。 友人にチェックをしてもらったり転職エージェントの添削サービスを使うなどで、万全の状態で応募できるようにしましょう。

WRITER

WORLD COMPASS

CATEGORY カテゴリー

TAG タグ

ニートから正社員も夢じゃない?就職するために必要なこと
就職

ニートから正社員も夢じゃない?就職するために必要なこと

ニートと聞くと働いていない人とイメージする人が多いのではないでしょうか。それほどニートという言葉が社会に浸透しているのです。ニートと聞くとマイナスなイメージを持つ人は多い傾向にあります。その...

ニートから正社員も夢じゃない?就職するために必要なこと

ニートと聞くと働いていない人とイメージする人が多いのではないでしょうか。それほどニートという言葉が社会に浸透しているのです。ニートと聞くとマ...

既卒者へ。無い内定あるある&内定を得る方法 新卒採用再挑戦?それとも別ルート?
就職

既卒者へ。無い内定あるある&内定を得る方法 新卒採用再挑戦?それとも別ルート?

何を隠そう筆者も、就職先が見つからず大学卒業を迎えたうちの一人でした。私は、2016年卒の世代。この年の卒業時点での就職率は、なんと95.3%という稀に見る高水準。当時このニュースを見て、「...

既卒者へ。無い内定あるある&内定を得る方法 新卒採用再挑戦?それとも別ルート?

何を隠そう筆者も、就職先が見つからず大学卒業を迎えたうちの一人でした。私は、2016年卒の世代。この年の卒業時点での就職率は、なんと95.3...

中卒の求人はない?現実と仕事の探し方を紹介します
就職

中卒の求人はない?現実と仕事の探し方を紹介します

中卒では求人がないと考える人が多いでしょう。それでは、実際に中卒で仕事を見つけることは困難なのでしょうか。中卒の求人事情について紹介します。 中卒の求人は少ない 実際のところ中卒で仕事を探そ...

中卒の求人はない?現実と仕事の探し方を紹介します

中卒では求人がないと考える人が多いでしょう。それでは、実際に中卒で仕事を見つけることは困難なのでしょうか。中卒の求人事情について紹介します。...

ハローワークの求人申込書のダウンロードから提出の仕方から効果的な書き方まで
就職

ハローワークの求人申込書のダウンロードから提出の仕方から効果的な書き方まで

求人申し込み書は企業がハローワークに募集をかけるために必要な用紙です。これに記入をして提出することで求人票やハローワークインターネットサービスに募集情報を掲載することが可能です。今回はそんな...

ハローワークの求人申込書のダウンロードから提出の仕方から効果的な書き方まで

求人申し込み書は企業がハローワークに募集をかけるために必要な用紙です。これに記入をして提出することで求人票やハローワークインターネットサービ...

まだ挽回できる!?中卒で資格を取得する必要性とは
就職

まだ挽回できる!?中卒で資格を取得する必要性とは

中卒から就職をしようと考えた時、就職が少しでも有利になるように、資格取得を検討する人は少なくありません。しかし、中卒でも資格は取れるのか、どの資格を取得するべきなのかと悩む人もいるのではない...

まだ挽回できる!?中卒で資格を取得する必要性とは

中卒から就職をしようと考えた時、就職が少しでも有利になるように、資格取得を検討する人は少なくありません。しかし、中卒でも資格は取れるのか、ど...

もっと関連記事をみる

TOP