就職率は低いの?中卒の就職活動とは

就職

就職率は低いの?中卒の就職活動とは

中卒で就職しようと考える人は少ないことでしょう。今では、中学校を卒業した後は、高校進学を選択する人がほとんどなのです。しかし、中卒者で就職を目指すことはできます。中卒者の就職内定率は、決して低い数字ではありません。

しかし、中卒者の就職活動は簡単なものではなく、厳しい状況下で進める必要があります。では、中卒者の就職活動はどのように進めていきべきなのでしょうか。中卒者が就職できる就職活動とはどのようなものなのでしょうか。中卒者の就職活動について、詳しくみていきましょう。

中卒の就職率の実態とは

様々な事情により、中卒で就職を目指す人もいることでしょう。しかし、中学を卒業して就職を目指す人は少数はです。そのため、中卒で就職先は見つかるのかと不安を感じる人も多いのではないでしょうか。

現代では、高校進学率の上昇に伴い、中卒者の就職率は、減少傾向にあります。今では、高校の進学率は全体の97%を超えるのです。そのため、中卒者の就職率は0.5%未満となり、とても低くなります。

最終学歴が中卒の場合、就職活動にも大きく影響を与えます。厚生労働省は、令和2年3月に中学校を卒業した生徒について、ハローワーク求人での就職内定状況をまとめています。

中卒新卒者は、就職内定率84.4%で前年同期比3.2ポイント上昇しています。就職内定者数は453人であり、求人倍率は3.16倍となっています。

日本はまだまだ学歴社会です。中卒者の就職活動が簡単なものではないことは事実なのです。そもそも中卒者を対象とした求人数は少なく、書類選考で落とされてしまうケースも多いのが現状です。

企業側は、中卒者に対して様々な懸念を抱いているのです。「学ぶ意欲がないのか」「忍耐がないのか」「すぐに辞めてしまうのではないのか」等、高校進学を選ばなかった故にマイナスな要素がつきまとってしまうのです。それほど、高校進学がほぼ義務教育化しているといっても過言ではありません。高校進学の選択はほとんどの場合、当たり前のことになっているのです。

中卒者は就職活動を成功させるためにも、効率的かつ有効な就職活動を行い、就職を勝ち取っていく必要があるのです。

就職率に差!?中卒の就職活動の方法

中卒者でも就職を目指す場合、アルバイトや契約社員ではなく、正社員として就職したいと考える人は多いことでしょう。しかし、求人の応募資格の中に中卒者も対象としているものはとても少なくなります。中卒者で正社員にこだわるならば、仕事探しを効率的に行うことが求められるのです。そのため、中卒者は、就職活動を効率的に行う必要があります。中卒者でも就職先が見つかる就職活動を行い、効率的に仕事探しをすることが重要なのです。

中卒者の仕事探しで重要なことは、「未経験歓迎」「学歴不問」など、応募資格の条件を広く設定している企業をうまく見つけることがとても重要です。そのため、情報収集を効率的に行うことが求められるのです。しっかりと情報収集をして、中卒者でも歓迎する求人を探し、自分に合った就職先を見つけていきましょう。

そのためには、仕事探しと合わせて自己分析も怠らずに行うとよいでしょう。なぜならば、自己分析をしっかりと行うことで、自分の長所や特性を理解し把握することができるからです。自分自身を知ることで、自分はどのような仕事が合っているのかを知ることができます。

せっかく就職をするのならば、長く働きたいと考えるものです。そしてそれは企業も同様なのです。企業側は、長く働いてくれる人を採用したいと考えます。そのため、いかに自分自身がその仕事に向いていて、適性ややる気があるのかを上手に自己アピ−ルする必要があります。自分自身をうまく自己アピールするためにも、しっかりと自己分析を行い、自分自身を理解した上で、就職活動を進めていきましょう。

また、就職先を勝ち取るためには、就職活動の面接や書類対策をしっかりと行いましょう。「働く素質があるのか」等企業側は見定めます。そのため、面接では第一印象もとても重要です。服装や話し方等、落ち着きや誠実さが伝わるように心がけましょう。そして、選考を受ける企業の研究をしっかりと行い、企業が求める社員像を把握しましょう。企業側に採用するべき人材だと思われる必要があります。しっかりと企業研究を行い、好印象を与えられるように心がけましょう。

就職率も高い?中卒でも働ける職種とは?

中卒者の就職活動を成功させるためには、職種選びもとても重要です。職種により就職率が大きく異なってくるのです。

中卒者の中には、「求人が見つからない」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。中卒者でも比較的採用されやすい業界や職種があります。いくつか紹介していきましょう。

まずは、軽作業や職人の仕事です。倉庫や工場作業、土木・建築、介護士等が挙げられます。このような職種は、肉体労働にはなりますが、どの仕事も未経験でも就職しやすい職種と言えるでしょう。また、長く働くことで、専門の知識やスキルを身につけることもできます。

また、サービス業も中卒者におすすめの業界と言えるでしょう。専門的な資格や知識を必要としない職種が多いため、中卒者にも就職しやすい業界なのです。そのため、正社員として採用されやすく、就職活動が成功しやすい業界と言えるでしょう。

主に、飲食業やアパレル業、ホテルやガイド等の観光業等です。人と関わることが多いため、「人と話すのが好き」と考えている人には向いている職種と言えるのではないでしょうか。

意外にも営業職も就職しやすい職種と言えるでしょう。営業職はサービス業と同様に、人と関わることが多く、コミュニケーション力が求められます。とても難しい印象を抱く人もいることでしょう。しかし営業職の場合、特別な資格を必要としないため、中卒者でも十分に就職できる職種なのです。

学歴不問として応募している企業も多いため、中卒者でも十分にチャンスがあります。悪歴を気にすることなく、就職をできる職種や業界はいくつかあるため、しっかりと分析し、自分にはどの職種が合っているのかじっくりと考えておきましょう。

まとめ

さて、中卒者の就職活動を詳しくみていきましたが、いかがでしたでしょうか。中卒者の就職率はとても低くなります。なぜなら、高校進学をする人が多く、高校進学は義務教育のように当たり前となっているのです。

「中卒だと就職できないのではないか「どこに就職すればいいのか分からない」と悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。しかし、諦める必要はありません。中卒者の就職内定率は、80%以上と高く、中卒者でも就職先を見つけることは十分に可能なのです。

しかし、まだまだ日本は学歴社会です。中卒者が応募できる求人数は限られています。そのため、中卒者の就職活動は、効率よく進める必要があります。業界や業種によって「未経験者歓迎「学歴不問」と設定するかどうかは異なるのです。

中卒者の就職活動では、仕事選びと選考対策を効率よく行うことがとても重要なのです。中卒者でも就職しやすい求人を効率的に探し、就職活動が成功するように、選考対策をしっかりと行うようにしましょう。

WRITER

WORLD COMPASS

CATEGORY カテゴリー

TAG タグ

無職生活の実体験記|無職をどう乗り越えるか
就職

無職生活の実体験記|無職をどう乗り越えるか

毎日仕事をしていたときは、あれほど欲しかった自由時間。昼休みに訪れた公園で、遊んでいるカップルや日向ぼっこをしているご老人をみて、「うらやましいな」と思っていたのに、いざ無職になるとそれをす...

無職生活の実体験記|無職をどう乗り越えるか

毎日仕事をしていたときは、あれほど欲しかった自由時間。昼休みに訪れた公園で、遊んでいるカップルや日向ぼっこをしているご老人をみて、「うらやま...

初心者向け就職ガイド|面接の際のマナーに関する4つのポイント
就職

初心者向け就職ガイド|面接の際のマナーに関する4つのポイント

前回は企業面接で気を付けるポイントをご紹介しました。今回は面接の際に押さえておきたいマナーについて、就職活動のアドバイスをおこなっているキャリアカウンセラーの方にお話を伺ってきました。 ①お...

初心者向け就職ガイド|面接の際のマナーに関する4つのポイント

前回は企業面接で気を付けるポイントをご紹介しました。今回は面接の際に押さえておきたいマナーについて、就職活動のアドバイスをおこなっているキャ...

フリーターとは?フリーターの危険性と正社員就職するための方法を解説
就職

フリーターとは?フリーターの危険性と正社員就職するための方法を解説

フリーターとは、経済的に不安定であり、社会的信用度も低い働き方です。このままフリーターを続けてもよいのかを悩んでいる人は、こちらの記事を参考にし、正社員になるための就職活動を始めましょう! ...

フリーターとは?フリーターの危険性と正社員就職するための方法を解説

フリーターとは、経済的に不安定であり、社会的信用度も低い働き方です。このままフリーターを続けてもよいのかを悩んでいる人は、こちらの記事を参考...

中卒の就活に関するリアル。成功はできるのか
就職

中卒の就活に関するリアル。成功はできるのか

最終学歴が中卒だという状態は、決して良いといえる状態ではありません。大学卒業ないしは高校卒業が大多数にとっての当然になっている現代社会においては、中卒というのは非常に大きなハンデです。しかし...

中卒の就活に関するリアル。成功はできるのか

最終学歴が中卒だという状態は、決して良いといえる状態ではありません。大学卒業ないしは高校卒業が大多数にとっての当然になっている現代社会におい...

東京で受けられる職業訓練(ハロートレーニング)とは?
就職

東京で受けられる職業訓練(ハロートレーニング)とは?

転職活動の際、スキルアップを図るために職業訓練を受ける人も多いのではないでしょうか。そこで今回は職業訓練についてや、実際に東京で職業訓練が申し込める場所を紹介します。 【東京】職業訓練(ハロ...

東京で受けられる職業訓練(ハロートレーニング)とは?

転職活動の際、スキルアップを図るために職業訓練を受ける人も多いのではないでしょうか。そこで今回は職業訓練についてや、実際に東京で職業訓練が申...

もっと関連記事をみる

TOP