失業保険の給付金の計算方法は?もらえる受給金額を詳しく解説

転職

失業保険の給付金の計算方法は?もらえる受給金額を詳しく解説

失業や退職をしたときに「失業保険の受給額がいくらであるかを事前に知りたい」と思う人も多いのではないでしょうか。今回は、失業保険の給付金額の計算方法や、受給金額についてを詳しく解説します。

失業保険の給付金の金額の計算方法は?

失業保険の給付金の金額は、離職前の給料の45〜80%ほどです。また、賃金が低い人ほど、失業保険の給付金の金額の割合が高く設定されます。失業保険の給付金は、「基本手当日額×所定給付日数」で具体的な金額を計算することができますが、この計算で具体的な失業保険の受給金額を出すには、まずは「基本手当日額」を計算する必要があります。

1日あたりもらえる失業保険の基本手当日額は、「退職前6ヶ月間の給料合計(社会保険料や税金を引く前の金額・賞与や退職金は含まず)÷180=賃金日額」で計算することができます。また、この基本手当日額は、「賃金日額と離職時の年齢」により異なります。

離職時の年齢が29歳以下もしくは65歳以上の場合は、「賃金日額が2,574円以上5,030円未満は、給付率80%で基本手当日額は2,059円〜4,023円」「賃金日額が5,030円以上12,390円以下は、給付率80〜50%で基本手当日額は4,024円〜6,195円」「賃金日額が12,390円以上13,700円以下は、給付率50%で基本手当日額は6,195円〜6,850円」「賃金日額が13,700円(上限額)以上は、基本手当日額は6,850円(上限額)」となります。

離職時の年齢が30歳〜44歳の場合は、「賃金日額が2,574円以上5,030円未満は、給付率80%で基本手当日額は2,059円〜4,023円」「賃金日額が5,030円以上12,390円以下は、給付率80〜50%で基本手当日額は4,024円〜6,195円」「賃金日額が12,390円以上15,210円以下は、給付率50%で基本手当日額は6,195円〜7,605円」「賃金日額が15,210円(上限額)以上は、基本手当日額は7,605円(上限額)」です。

離職時の年齢が45歳〜59歳の場合は、「賃金日額が2,574円以上5,030円未満は、給付率80%で基本手当日額は2,059円〜4,023円」「賃金日額が5,030円以上12,390円以下は、給付率80〜50%で基本手当日額は4,024円〜6,195円」「賃金日額が12,390円以上16,740円以下は、給付率50%で基本手当日額は6,195円〜8,370円」「賃金日額が16,740円(上限額)以上は、基本手当日額は8,370円(上限額)」です。

離職時の年齢が60歳〜64歳の場合は、「賃金日額が2,574円以上5,030円未満は、給付率80%で基本手当日額は2,059円〜4,023円」「賃金日額が5,030円以上11,140円以下は、給付率80〜45%で基本手当日額は4,024円〜6,195円」「賃金日額が11,140円以上15,970円以下は、給付率45%で基本手当日額は6,195円〜7,186円」「賃金日額が15,970円(上限額)以上は、基本手当日額は7,186円(上限額)」になります。

失業保険の計算は年齢・勤続年数・退職理由により異なる

具体的な失業保険の受給金額の計算には、「所定給付日数」も必要です。失業保険をもらえる日数を示す所定給付日数は、退職時の年齢や勤続年数・退職理由などにより異なります。

自己都合退職である場合は、一般的に勤続年数により、「勤続年数が1年以上10年未満で90日」「勤続年数が10年以上20年未満で120日」「勤続年数が20年以上で150日」と3つのパターンに分けられます。このように、勤続年数が長ければ長いほど、失業保険がもらえる所定給付日数も多くなります。

また、自己都合退職ではなく、「会社が倒産した・解雇された」などのような会社都合退職の場合には、自己都合退職よりも所定給付日数が大幅に増えます。この場合にも、離職時の年齢によって、失業保険の所定給付日数が異なります。会社都合退職で離職時の年齢が29歳以下の場合には、「勤続年数が1年未満で90日」「勤続年数が1年以上5年未満で90日」「勤続年数が5年以上10年未満で120日」「勤続年数が10年以上20年未満で180日」です。

離職時の年齢が30〜34歳の場合には、「勤続年数が1年未満で90日」「勤続年数が1年以上5年未満で120日」「勤続年数が5年以上10年未満で180日」「勤続年数が10年以上20年未満で210日」「勤続年数が20年以上で240日」、離職時の年齢が35〜44歳の場合には、「勤続年数が1年未満で90日」「勤続年数が1年以上5年未満で150日」「勤続年数が5年以上10年未満で180日」「勤続年数が10年以上20年未満で240日」「勤続年数が20年以上で270日」、離職時の年齢が45〜59歳の場合には、「勤続年数が1年未満で90日」「勤続年数が1年以上5年未満で180日」「勤続年数が5年以上10年未満で240日」「勤続年数が10年以上20年未満で270日」「勤続年数が20年以上で330日」、離職時の年齢が60〜64歳の場合には、「勤続年数が1年未満で90日」「勤続年数が1年以上5年未満で150日」「勤続年数が5年以上10年未満で180日」「勤続年数が10年以上20年未満で210日」「勤続年数が20年以上で240日」となります。

失業保険の計算金額を増やすには「退職前6ヶ月の給料を増やす」ことがポイント!

失業保険の1日あたりにもらえる受給額は、退職前6ヶ月間の給料合計の平均から計算します。そのため、失業保険の計算金額を増やすには、「退職前の6ヶ月間の給料を増やすことがポイント」になります。もしも、計画的に退職を考えているという人の場合には、退職時期から逆算をし、6ヶ月以上前からできるだけ残業などをして「給料の総所得金額を増やすこと」で、失業保険の計算金額をより多く受給することが可能です。

失業保険の計算金額は「基本日額の上限額」までしかもらうことができない

失業保険の給付金は、給料が多ければ多いほど、計算金額も多くなります。ただし、失業保険の給付金は、「基本日額の上限額」までしかもらうことができません。失業保険の基本日額の上限は退職時の年齢により異なり、「29歳以下で6,815円」「30〜44歳で7,570円」「45〜59歳で8,330円」「60〜64歳で7,150円」と定められています。そのため、失業保険の計算をしたときに、基本日額の上限額の金額になったとしても、上限額以上をもらうことはできません。

また、失業保険の計算をする際の賃金日額についても同様に、「賃金日額の上限額」があります。賃金日額の上限額も年齢により異なり、「29歳以下で13,630円」「30〜44歳で15,140円」「45〜59歳で16,660円」「60〜64歳で15,890円」と定められています。そのため、失業保険の給付金の計算をする際には、賃金日額の上限額および基本日額の上限額と照らし合わせながら、算出する必要があります。

まとめ

失業保険の給付金の金額は、「基本手当日額×所定給付日数」の計算式で求めることができます。ただし、基本手当日額および所定給付日数は、条件により定められた金額や日数があるため、まずは正確な情報を確認する必要があります。また、基本日額や賃金日額にも、年齢により定められた上限額があるため、具体的な失業保険の受給額の計算をするためには、すべての情報を照らし合わせながら確認していくことが重要です。

WRITER

WORLD COMPASS

CATEGORY カテゴリー

TAG タグ

初心者向け就職ガイド|面接の際のマナーに関する4つのポイント
就職

初心者向け就職ガイド|面接の際のマナーに関する4つのポイント

前回は企業面接で気を付けるポイントをご紹介しました。今回は面接の際に押さえておきたいマナーについて、就職活動のアドバイスをおこなっているキャリアカウンセラーの方にお話を伺ってきました。 ①お...

初心者向け就職ガイド|面接の際のマナーに関する4つのポイント

前回は企業面接で気を付けるポイントをご紹介しました。今回は面接の際に押さえておきたいマナーについて、就職活動のアドバイスをおこなっているキャ...

失業したときの給付金っていくら?受給額の計算方法を紹介!
転職

失業したときの給付金っていくら?受給額の計算方法を紹介!

失業してしまうと給付金をもらうことにあります。実際にいくらぐらいの給付金を受け取れるのか気になる人は多いでしょう。そこで、失業給付金の受給額を計算する方法について詳しく紹介します。 失業した...

失業したときの給付金っていくら?受給額の計算方法を紹介!

失業してしまうと給付金をもらうことにあります。実際にいくらぐらいの給付金を受け取れるのか気になる人は多いでしょう。そこで、失業給付金の受給額...

昼職の仕事に就職したい風俗嬢におすすめ。LINEでできる転職相談。
転職

昼職の仕事に就職したい風俗嬢におすすめ。LINEでできる転職相談。

昼職に転職できない風俗嬢。どのようにセカンドキャリア問題を解決すればいいの? 現在、日本の風俗嬢の数は約30万人と言われています(※)。性風俗を仕事にしている理由は人それぞれですが、どういっ...

昼職の仕事に就職したい風俗嬢におすすめ。LINEでできる転職相談。

昼職に転職できない風俗嬢。どのようにセカンドキャリア問題を解決すればいいの? 現在、日本の風俗嬢の数は約30万人と言われています(※)。性風...

失業保険を貰うための全手順!ハローワークに行く前に知っておきたいこと
転職

失業保険を貰うための全手順!ハローワークに行く前に知っておきたいこと

日本は社会保障制度が充実している国です。広くセーフティネットを設けており、そのおかげで万が一の事態にも対応しやすい国といえます。特に失業保険(失業手当/雇用保険)は、若者の離職率が非常に高い...

失業保険を貰うための全手順!ハローワークに行く前に知っておきたいこと

日本は社会保障制度が充実している国です。広くセーフティネットを設けており、そのおかげで万が一の事態にも対応しやすい国といえます。特に失業保険...

失業手当をもらうには?失業手当を解説
転職

失業手当をもらうには?失業手当を解説

失業手当という言葉を耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか。漠然と失業した時にお金がもらえると把握している人もいるのではないでしょうか。具体的に、失業手当をもらうには、どうすればよい...

失業手当をもらうには?失業手当を解説

失業手当という言葉を耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか。漠然と失業した時にお金がもらえると把握している人もいるのではないでしょう...

もっと関連記事をみる

TOP