ワーママの強い味方!転職を勝ち取る成功への道

ワーキングマザー

ワーママの強い味方!転職を勝ち取る成功への道

今では、ワーママとして仕事と家事や育児を両立している女性は多いことでしょう。専業主婦の数は減り、共働きが当たり前となってきているのです。そのため、ワーママは育児の状況を判断しながら、転職も視野に入れつつ職場を選択する必要があります。

では、ワーママが転職をスムーズに進めるためにはどのようなことに注意すべきなのでしょうか、ワーママの転職について、詳しくみていきましょう。

ワーママとは?転職は可能?

ワーママという言葉をご存知でしょうか。ワーママとは、ワーキングマザーのことを指しています。働きながら子どもを育てるママのことを意味しています。近年は、共働きが増え、ワーママが増えているのです。子育てをしながら、ワーママが転職をすることはできるのでしょうか。

そもそもワーママでも、正社員やパート、フリーランス等さまざまな働き方ができます。その働き方は、子育ての時期が大きく影響を与えているでしょう。例えば、出産したばかりで、自宅で仕事ができないかと考えた時は、フリーランスでの働き方を選択する人もいるでしょう。あるいは、子どもが学校に行く時間に時短でパートをする人もいるのではないでしょうか。そのため、ワーママの場合、子育てが落ち着き、子どもが自立しなければフルタイムの正社員での勤務を選択できないという人も多いでしょう。

ワーママが転職を成功させるべきポイントとは

ワーママの場合、家庭の事情で仕事に影響を与えてしまうことも否定できません。そのため、ワーママとして転職をすることはできるのかと悩みを抱えてしまう人も多いのではないでしょうか。しかし、近年では仕事と育児を両立できるように、待遇面で充実した理解のある企業が増えています。それほど、社会での女性の担っている役割は大きくなっているのです。そのため、ワーママだからといって転職を諦める必要がありません。ワーママでも、正社員として転職をすることも可能なのです。

しかし、ワーママが転職をする時は、タイミングがとても重要です。タイミングを間違えてしまうと、転職が失敗してしまう危険もあるのです。ワーママは仕事と家庭を切り離して考えることはとても難しくなります。ワーママが転職をするタイミングを見誤らないことがとても重要なのです。

ワーママが気をつけるべき転職のタイミングとして、妊活中の転職です。転職活動で内定をもらっても、内定してすぐに妊娠してしまったり、入社後に妊娠が判明してしまう可能性もあります。

企業によっては、入社してすぐに育児休業を取得できない場合もあります。その場合、法律で定められた産前産後休暇を取得することも可能ですが、その場合、出産後8週間ですぐに復帰しなければならないという状況に陥ってしまう可能性もあるのです。妊活中の転職は、転職先の育休制度もしっかりと把握した上で転職活動を進めていきましょう。

また、子どもが保育園に通う可能性がある場合は、注意が必要です。保育園によっては、対象年齢に制限がある場合もあります。保活自体は、現職の就労証明書があれば不利になることはありませんが、自治体によっては入園が難しい場合もあります。子どもが保育園に通うとなると、準備等でワーママは大変な時期になります。保活と重なる転職の場合、負担が大きくなってしまいます。

今は、待機児童が多いことも社会問題となっています。入園を控えている場合、必ずしも第一希望の保育園に入園できるとは限りません。違う保育園になった場合、転職先から遠くなってしまう場合もあります。そのため、転職時期はじっくりと検討しましょう。

ワーママの中には、育休中に転職活動をしようと考える人もいます。しかし、一度現職に復帰後に、転職活動をすることをお勧めします。なぜならば、転職活動をする上で、育休中の転職は企業からの印象が悪いのです。転職を急いでいない場合は、一度復職し、仕事に慣れてきた状況で、子育てと仕事の両立のペースを考え、転職活動の時期を検討してみましょう。

ワーママの転職したい理由とは

ワーママは、家事や育児、仕事とを両立しながらの状況が多い傾向にあります。現状を維持するだけでも大変な状況なのに、ワーママはどうして転職したいと考えるのでしょうか。

その理由としては、さまざまなものが挙げられます。例えば、正社員でフルタイムで働いていた場合、家庭の事情で融通を利かせることは難しい状況が多いのではないでしょうか。もし、融通が利く職場だとしても、頻繁に仕事に影響を与えていては、職場の人間関係もギスギスしてしまいますよね。そのため、正社員で働いていてもパートやフリーランスへと働き方を変えるために転職をしようと考えるワーママは少なくありません。

また、仕事が終わる時間が遅かったり、休みが合わなかったりすると、子どもと過ごす時間が減ってしまい、保育園の行事にも参加できない状況に陥ってしまいますよね。その場合、子どもとの時間を大切にしたいと考え、転職を考えるワーママは多いのです。子どもに何かあったときにすぐに駆けつけたいと思うワーママは少なくありません。

一方で、子育てが落ちつき、キャリアアップを考えて転職をしようと検討するワーママもいます。この転職は前向きな判断ですね。子育てが落ち着いた段階で、仕事を正社員のフルタイムの仕事へと転職を希望する人は多いのです。

ワーママの転職理由では、子育ての状況は切り離せないことです。子育ての状況により、ワーママは転職を決断しているのです。

ワーママが転職で気をつけるべきことは

ワーママが転職する時、ワーママであることをマイナスに捉えたくはないものです。ワーママであることを不利にしないためには、ワーママで制限があることをうまく活用し、自己アピールに繋げることがとても重要です。

まずは、正直に現状を話し、数年後子育てが落ち着いた段階で、フルタイムで働けることを理解してもらうことも重要です。また、自分自身が、ワーママであることを否定してはいけません。転職活動で、不利ではないということをしっかりとアピールし、理解してもらうことがとても大切です。

また時には、パートナーや家族に協力してもらたっり、ベビーシッターや宅配サービス等、子育てを支援するサービスを活用することも検討しましょう。少しでも自分の負担を軽くし、無理なく転職活動をし、働いていく環境を作っていきましょう。

まとめ

さて、ワーママの転職について詳しくみていきましたが、いかがでしたでしょうか。ワーママの転職は、子育ての状況と切り離して考えることはできません。そのため、働く時に、子育ての状況によっては、制限がかかってしまう場合もあります。企業側が理解を示し、配慮してくれるのならば、問題ありませんが、必ずしも企業側の寛大な理解を得られるというわけではありません。

そのため、ワーママが転職をする時は、タイミングがとても重要です。子育ての状況から、無理なく仕事ができる働き方を選択していく必要があります。また、子育てにも段階はあります。ある程度子どもが大きくなった時、働き方も変えることができます。子育ての状況により、適した働き方を変化させていくことも可能なのです。

ワーママの転職をうまく成功させるためにも、転職するタイミングはじっくりと検討し、自分に合った働き方を選択できるように努めていきましょう。

WRITER

WORLD COMPASS

CATEGORY カテゴリー

TAG タグ

ワーママとは?定義や悩み、メリットなどを紹介
ワーキングマザー

ワーママとは?定義や悩み、メリットなどを紹介

ワーママは最近よく聞く言葉ですが、意外と詳しい意味を知らない人もいるのではないでしょうか。そこで、ワーママの定義やメリット、抱えている悩みについて解説しましょう。ワーママは最近よく聞く言葉で...

ワーママとは?定義や悩み、メリットなどを紹介

ワーママは最近よく聞く言葉ですが、意外と詳しい意味を知らない人もいるのではないでしょうか。そこで、ワーママの定義やメリット、抱えている悩みに...

離婚後の女性の仕事の問題について、実例から解決の糸口を考える
ワーキングマザー

離婚後の女性の仕事の問題について、実例から解決の糸口を考える

さまざまな事情から離婚を考えることは珍しいことではありません。しかし、離婚した場合には「その後、仕事はどうするのか」という問題がついてきます。 男性の場合、仕事のキャリアは離婚前とそれほど変...

離婚後の女性の仕事の問題について、実例から解決の糸口を考える

さまざまな事情から離婚を考えることは珍しいことではありません。しかし、離婚した場合には「その後、仕事はどうするのか」という問題がついてきます...

仕事をしながらの妊娠と出産に向けて。今のうちに準備できること。
ワーキングマザー

仕事をしながらの妊娠と出産に向けて。今のうちに準備できること。

仕事をしながらの妊娠と出産に向けて 「お腹に赤ちゃんを宿す」という喜びは、女性ならではの幸福感です。しかし仕事をしていると、この先の体調や仕事とのバランス、出産後のことも気になります。 未知...

仕事をしながらの妊娠と出産に向けて。今のうちに準備できること。

仕事をしながらの妊娠と出産に向けて 「お腹に赤ちゃんを宿す」という喜びは、女性ならではの幸福感です。しかし仕事をしていると、この先の体調や仕...

『ママ幸プロジェクト』とは一体なに?リーダーにインタビュー【前編】
ワーキングマザー

『ママ幸プロジェクト』とは一体なに?リーダーにインタビュー【前編】

ポラリス・いろのま園の外観 『妊娠が発覚した。産みたいけど周りに頼れる人がいないので産めない』 『シングルマザーとして自活したいけど、なかなか大変』 『離婚をして子供を1人で育てたい。でも1...

『ママ幸プロジェクト』とは一体なに?リーダーにインタビュー【前編】

ポラリス・いろのま園の外観 『妊娠が発覚した。産みたいけど周りに頼れる人がいないので産めない』 『シングルマザーとして自活したいけど、なかな...

忙しすぎる!?ワーママの1日のタイムスケジュールとは
ワーキングマザー

忙しすぎる!?ワーママの1日のタイムスケジュールとは

ワーママという言葉を耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか。ワーママとは、「ワーキングママ」を略した言葉であり、子育てをしながら働く女性を指す言葉です。ワーママは、とても忙しそうなイ...

忙しすぎる!?ワーママの1日のタイムスケジュールとは

ワーママという言葉を耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか。ワーママとは、「ワーキングママ」を略した言葉であり、子育てをしながら働く...

もっと関連記事をみる

TOP