フリーターの末路は悲惨な結果に!?フリーターの将来を考える

働き方

フリーターの末路は悲惨な結果に!?フリーターの将来を考える

フリーターとして、働いている人は多くいます。実際に、フリーターとして働いている人は将来どのように考えているのでしょうか。今後もフリーターとして働きつづけた時の末路とはどのような結果となるのでしょうか。

一般的にフリーターとは、アルバイトやパートで生計を立てている人を指しています。元々、1980年代に「フリーアルバイター」という言葉が生まれ、その略称と言われています。

内閣府では、フリーターの定義を示しています。それは、①学生や主婦を除く15歳から34歳の若年者であること。②パートやアルバイトと呼ばれる雇用形態を主な仕事としていること。③パートやアルバイトで求職する意思を持っている無職の人。という3点です。

つまり、フリーターは若年者を示しています。そのため、35歳以上の人は「非正規労働者」「アルバイト」と呼ばれ、フリーターとは区別されているのです。

では、フリーターとして働きつづけるとどのようば末路となり、どのような将来が待っているのでしょうか。フリーターについて、詳しくみていきましょう。

フリーターの末路とは?

フリーターには、フリーターになった時期により、それぞれで置かれている状況が異なります。現在、フリーターになった人の中には、就職氷河期であり、正社員として職に就くことができずに、やむを得ずフリーターになった人もいるでしょう。一方で、定職に就きたくないと自由なイメージのあるフリーターを自ら選択している人もいるでしょう。

いつの時代でも、正社員として就職することができずにフリーターになった人は多いのです。ほとんどの人がフリーターとして働くことを望んでいたわけではないのです。特に、地方と比べて都会では、アルバイトやパートの仕事は数多くあり、フリーターとして働きつづけることは可能です。そのため、若年期にフリーターを続け、そのまま中年期もアルバイトやパートを続けていくという人は少なくありません。

正社員とフリーターの大きな違いは、やはり収入です。フリーターの場合、月収であることはほとんどなく、時給制や日給制で働いている場合が多いのです。そのため、ボーナスもないことが多いのです。また、フリーターの場合、同じ職場で働き続けることができたとしても、収入が上がることはほとんどありません。正社員ならば、勤続年数を重ねれば収入が上がるチャンスはありますよね。フリーターの場合、そのような機会に恵まれることは稀なのです。そのため、フリーターとして働く年数が長ければ長いほど、生涯収入が正社員と比べて少ない傾向にあります。

また、フリーターは、正社員と比べて社会的信用も低くなります。フリーターは、仕事で責任のある仕事を任される機会は少ないのです。そして、安定した仕事という印象はないですよね。社会的信用が低い状態の場合、信用に基づいた行動が制限されてしまうことも多いのです。

フリーターの悲しい末路を回避する方法

フリーターとして働いている人の中には、早くフリーターを脱出したいと考えている人も少なくありません。このままフリーターを続け、30代、40代と過ごしてしまうと、フリーター生活から抜け出すチャンスも減ってしまうのです。

このままフリーターとして働き続けるのか、それとも就職を目指すのか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。では、フリーターを脱出したいと考えている人は、どのような行動をとればよいのでしょうか。

就職を目指す場合、正社員になるための就職活動を行うことをお勧めします。その方法として、まずは今働いている職場で正社員登用の制度があるならば、アルバイトから正社員を目指すという方法です。もし、正社員登用のある会社ならば、具体的な雇用条件はどのようなものなのか確認してみましょう。給与や待遇、休日などが自分自身の希望と合っているかどうかしっかりと検討していきましょう。

また、フリーターから正社員を目指す場合、フリーターから正社員になりやすい職業の傾向があります。まずは、営業職です。営業職の場合、未経験でも採用されやすい傾向にあるため、チャンスはあり、正社員募集をしている職種が多くあります。

営業のイメージは「きつそう」というマイナスイメージを持つ人が多いと思います。しかし、専門知識を必要とする場合も少ないため、フリーターから正社員を目指す時お勧めの職種なのです。

また、介護や販売、接客もお勧めです。未経験や無資格でも採用されやすく、求人が多い職業と言えるでしょう。

フリーターの末路に不安を感じている人は、就職に向けてしっかりと傾向と対策をし、早めに行動することをお勧めします。

フリーターの末路は悲しい結果に!?今すぐ就職すべき理由

フリーターの末路に不安を感じる人は少なくありません。その一番の理由は、収入面です。20代の内は、正社員との収入差が少ない場合が多いため、不安を感じないという人も多いのではないでしょうか。しかし、フリーターはその後収入が上がることはほとんどありません。しかし、正社員ならば、年齢を重ねると収入が上がるチャンスに恵まれているのです。そのため、30代、40代と年齢を重ねれば重ねるほど、収入に開きが出てくるのです。

正社員と比べて、フリーターの生涯年収は、正社員の3分の1と言われています。フリータは、昇給幅が少ないのです。何年も勤続したとしても収入が上がる可能性は低い状況なのです。

また、フリーターから正社員になろうとした時、20代よりも30代、40代と年齢を重ねると、求人数が減る傾向にあり、35歳以上の人はブラック企業の求人にひっかかってしまう可能性も高くなります。20代の内に就職先を探したほうが見つかる可能性が高いのです。

そして、特に男性の場合、結婚にも不利な状況となります。結婚にはたくさんのお金が必要です。結婚したいと考えている人がいても、フリーターであるために結婚できなかったという悲しい末路になってしまう可能性があるのです。

フリーターとして働いていくべきか悩んでいる人は、早い決断をするべきなのです。

悲しい末路を回避!フリーターが就職するための方法とは?

フリーターとして将来悲しい末路とならないためにも、いざ就職をしようとした時に、最適な方法はあるのでしょうか。

就職活動に向けて、傾向と対策を練ることはとても重要です。まずは、フリーターから正社員登用をしている企業があるか調べることです。あるいは、ハローワークなど就職支援を受けることも検討しましょう。就職活動に不安を感じている人は積極的に受けてみましょう。

フリーターをしながら就職のための学校に通うという選択肢もあります。

就職活動を効率的に行うことはとても重要です。そのため、具体的な採用までのビジョンを自分自身でイメージし考えていきましょう。

まとめ

さて、フリーターの末路について詳しくみていきましたが、いかがでしたでしょうか。フリーターとして働いていると、20代の内は、正社員と比べても収入差が少ないため、あまり危機感を抱かない人も多いのではないでしょうか。しかし、30代、40代と年齢を重ねていくと、正社員との収入差や待遇差を実感するでしょう。

自分自身の将来を考え、早く行動することはとても重要です。フリーターとして、悲しい末路とならないためにも、自分の将来のビジョンを明確にし、行動していきましょう。

WRITER

WORLD COMPASS

CATEGORY カテゴリー

TAG タグ

今更聞けない「働き方改革」とは。内容や具体的な残業の有無等を紹介
働き方

今更聞けない「働き方改革」とは。内容や具体的な残業の有無等を紹介

  ポイント ●働き改革により、国民のワークライフバランスが充実する。 ●従業員は5日以上有給休暇が取れるようになる。企業がそれを怠れば、罰則を課せられる。 ●同一労働同一賃金によ...

今更聞けない「働き方改革」とは。内容や具体的な残業の有無等を紹介

  ポイント ●働き改革により、国民のワークライフバランスが充実する。 ●従業員は5日以上有給休暇が取れるようになる。企業がそれを...

得する知識!?失業手当と扶養とは
働き方

得する知識!?失業手当と扶養とは

失業してしまった時、すぐにでも収入を得たいと考えますよね。失業手当と扶養どちらも受けることはできないのかと考えてしまう人は多いのではないでしょうか。 失業手当と扶養の違いはご存知でしょうか。...

得する知識!?失業手当と扶養とは

失業してしまった時、すぐにでも収入を得たいと考えますよね。失業手当と扶養どちらも受けることはできないのかと考えてしまう人は多いのではないでし...

職業訓練指導員とは?仕事内容や免許について解説!
働き方

職業訓練指導員とは?仕事内容や免許について解説!

公共職業訓練や認定職業訓練で担当する人のことを、職業訓練指導員と言いますが、仕事内容などはご存知でしょうか?今回は、職業訓練指導員の仕事内容な免許について解説していきます。 職業訓練指導員と...

職業訓練指導員とは?仕事内容や免許について解説!

公共職業訓練や認定職業訓練で担当する人のことを、職業訓練指導員と言いますが、仕事内容などはご存知でしょうか?今回は、職業訓練指導員の仕事内容...

地方には仕事がない? 地方で人気のオススメ職業を7つ紹介
働き方

地方には仕事がない? 地方で人気のオススメ職業を7つ紹介

ポイント ●一次産業だと未経験でも働ける。住み込みで働ける場所も多いため、現時点で住む場所が決まっていない方でも大丈夫。 ●地方の役場は人が少ないので、基本的に業務領域が増えて大変。ただしそ...

地方には仕事がない? 地方で人気のオススメ職業を7つ紹介

ポイント ●一次産業だと未経験でも働ける。住み込みで働ける場所も多いため、現時点で住む場所が決まっていない方でも大丈夫。 ●地方の役場は人が...

日本の失業率は低め。その理由と用語の意味を解説
働き方

日本の失業率は低め。その理由と用語の意味を解説

日本の失業率は、一般的には非常に低い水準で推移しています。特に完全失業率に関してはたったの3%以下と非常に低い推移を繰り返しています。しかし、経済関連の実情と失業率というデータを順番に見ると...

日本の失業率は低め。その理由と用語の意味を解説

日本の失業率は、一般的には非常に低い水準で推移しています。特に完全失業率に関してはたったの3%以下と非常に低い推移を繰り返しています。しかし...

もっと関連記事をみる

TOP