ニートは就活するべき!?分かれるニートの未来とは

就職

ニートは就活するべき!?分かれるニートの未来とは

日本では、ニートの人口が年々増えていることが社会問題にもなっています。それほど働かない若者が増えているのです。一方で、ニートでも就職を目指し、就活をはじめようと決意する人もいることでしょう。

ニートの生活では、ほとんどの場合、家族に経済的な援助を受けていることが多い状況です。家族の援助を受けられるならば、このままニートでよいと楽観的に考えている人もいるでしょう。では、ニートの生活を続ける人と、脱ニートを決意し、就活をする人では、どのような将来の違いがあるのでしょうか。ニートの置かれている現状とニートの就活について、詳しくみていきましょう。

ニートの就活の方法とは

ニートの中には、「家族がいれば大丈夫」「就活をすれば、すぐに就職できる」と楽観的に考えている人も多いでしょう。では、ニートの就活は想像通りスムーズに進めることは可能なのでしょうか。

就活では、今までの経歴について質問されることは多いことでしょう。ニートの場合も同様です。過去のニート期間について質問をされる機会は多くあります。過去のニート期間は、どのようなことをしていたのか、その生活を通して何を学んだのかをしっかりと的確に答えなければ、就職を手にすることはできないのです。

そのため、就職活動の準備や対策を練る必要があります。しかし、ニート生活が長いと、どのようにしていいのか分からず悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。そんな時に、就職支援サービスを活用しましょう。

ニートに限らず、就職活動を支援するサービスや機関は数多くあります。ハローワークやサポートステーションは耳にしたことがある人もいるのではないでしょうか。公的な機関の場合、無料で利用できるため、訪問しやすいのではないでしょうか。就職活動の準備についてのアドバイスや、自分に合った求人情報を紹介してもらうこともできるため、積極的に活用していきましょう。しかし、サポートステーション等も施設によっては、利用出来る年齢を制限されている場合もあるため、調べて検討しましょう。

ニートが就活をしないとどうなる?

ニートが就活をしないまま、ニート生活を継続させた場合、将来はどのような結果を辿るのでしょうか。まず、ニートの場合、家族に経済的な支援を受けている状況が多いことでしょう。家族の収入や年金を頼りに、生活を続けており、将来を楽観視している人もいるのではないでしょうか。しかし、ニート生活が長くなればなるほど、家族も年を重ねます。最悪の場合、家族が亡くなってしまった時、ニートはどのように生活をするのでしょうか。

近年、一度も働いた事がない子どもを持つ高齢親の増加が問題となっています。家族からの経済的支援がなくなると、急に路頭に迷ってしまう可能性もあるのです。自立していない状況ならば、将来を楽観視することはできないのです。

また、就活をはじめる時期が遅くなってしまった場合、就職活動がうまくいかない可能性もあります。その場合は、仕事を選ぶことができずに、条件の悪いブラック企業に就職するしかないという状況に陥ってしまいかねないのです。

自立することは、将来生活を続ける上で避けることはできません。自分自身の将来についてしっかりと考え、現状を打破する必要があるのです。

ニートが就活を成功させる秘訣

ニートの就活が他の人よりも不利な状況にあることは事実です。そのため、就活を進めていく上で工夫をすることがとても大切です。ニートが就活を成功させる秘訣をみていきましょう。

まじは、仕事探しにおいて、有効求人倍率の高い求人を中心に探すことをおすすめします。有効求人倍率とは、求職者1人あたり何件の求人があるのかを示す指標のことを言います。つまり、就職しやすい仕事を選択することで、就職活動をスムーズに進めることができるのです。ハローワークでは、職種別の有効求人倍率の統計を確認することができるため、参考にしてはいかがでしょうか。

また、転職エージェントを活用することも就職を手にする近道です。転職エージェント利用する場合、求人情報の紹介だけではなく、面接対策や履歴書の添削、無料カウンセリング等さまざまなサポートを個別で受けることができます。アドバイスや助言を受けながらの就職活動はとても心強く前向きに取り組めるのではないでしょうか。

ニートにおすすめ!就活するべき職種とは

ニートが就活をする時、おすすめしたい職種があります。ニートが応募しやすい求人情報とは、「未経験歓迎」「経験不問」等と記載してあるものです。つまり、特別な資格や経験は必要のない職種が選考を突破しやすい傾向にあるのです。

エンジニアは、黙々と同じ作業を続ける環境であり、人と関わることがあまりない仕事のため、人と関わることが苦手という人には適しています。IT業界は、人手不足のため、比較的未経験からでも採用を勝ち取ることができます。企業の教育制度も整っている場合が多いため、安心してスキルアップをすることができます。

また、警備員の仕事も人と関わることが苦手な人にはおすすめです。しかし、長時間待機すし、立ち仕事の環境も多いため、体力面に不安のある人には適していない仕事と言えるでしょう。慎重に検討しましょう。

人と関わることに抵抗がない人は、介護職や営業業をおすすめします。特別な資格や経験を必要としない場合が多く、就職を勝ち取りやすい職種と言えるでしょう。また、人と関わる仕事ならば、接客業もおすすめです。仕事内容をシンプルであるため、特別な知識やノウハウを得る必要はなく、マニュアルを用意している企業も多いため、未経験でも仕事をはじめやすい環境と言えるでしょう。

未経験歓迎や経験不問とされる職種に絞ったとしても、さまざまな職種があります。企業とのミスマッチを防ぐためにも、自分に合った職種を選択し、就職活動を進めていきましょう。

まとめ

さて、ニートの就活について詳しくみていきましたが、いかがでしたでしょうか。ニートの就活は、他の人と比べると、社会人経験が乏しいため、苦戦を強いられる可能性が高いことは事実です。しかし、就活を工夫して進めていくことで、就職を勝ち取ることは十分に可能なのです。

ニートの中には、「家族がいるから大丈夫」と将来を楽観視している人もいるのではないでしょうか。しかし、家族の支援をずっと受け続けられる保障はありません。万が一、家族が亡くなってしまったり、収入を得ることができなくなってしまった場合、突然路頭に迷ってしまう可能性もあるのです。ニートが就活をすることは、必要不可欠なことであり、早いうちに行動に移すことをおすすめします。

ニートが就職を勝ち取るためにも、自分に合った仕事を選択し、選考を進めていくことはとても大切なことです。しかし、「自分に合った仕事が分からない」「やりたいことがない」と悩んでしまう人も多いことでしょう。ニートの場合、一定期間社会や人との関わりがなく、就活自体に戸惑いを感じる人も少なくありません。ニートの就活では、就活支援サービスを活用することをおすすめします。

就職を支援するサービスは数多くあります。ハローワーク等の公的な機関から、転職エージェントを活用することもできるのです。自分に合ったサービスを選択し、就職活動の支援を積極的に受けていきましょう。

フリーターでも正社員になりたい!就活の方法とは
就職

フリーターでも正社員になりたい!就活の方法とは

フリーターとは、15歳から34歳までの若年者であり、アルバイトやパートで生計を立てている人を指しています。フリーターは若年層が対象となりますが、35歳以上の人数が増加傾向にあり、年齢を重ねれ...

フリーターでも正社員になりたい!就活の方法とは

フリーターとは、15歳から34歳までの若年者であり、アルバイトやパートで生計を立てている人を指しています。フリーターは若年層が対象となります...

「うちの会社、労働生産性が低い…」できること知ることから始めよう
就職

「うちの会社、労働生産性が低い…」できること知ることから始めよう

 一人あたり◯◯で出遅れる日本 時はバブル真っ盛りの1987年。当時の日本の1人あたりの名目GDPは世界で何位だったかと思いますか?     答えは、2位です。 &nbs...

「うちの会社、労働生産性が低い…」できること知ることから始めよう

 一人あたり◯◯で出遅れる日本 時はバブル真っ盛りの1987年。当時の日本の1人あたりの名目GDPは世界で何位だったかと思いますか? &nb...

40歳ニートが就職する方法はある?ニートの末路は?
就職

40歳ニートが就職する方法はある?ニートの末路は?

40歳の引きこもりのニートは増加しており、今現在親の年金で生活をしていけるのかもしれませんが、これからもニートを続けていくと悲惨な老後になってしまう可能性があります。ですので、40歳でニート...

40歳ニートが就職する方法はある?ニートの末路は?

40歳の引きこもりのニートは増加しており、今現在親の年金で生活をしていけるのかもしれませんが、これからもニートを続けていくと悲惨な老後になっ...

2019年の高卒初任給の推移と傾向
就職

2019年の高卒初任給の推移と傾向

2019年の高卒初任給の推移と傾向を分析すると、様々な情報が見えてきます。高卒初任給としても最高額を記録した年であり、大卒と比較してみるだけでも、これから初任給をアップさせようという人にとっ...

2019年の高卒初任給の推移と傾向

2019年の高卒初任給の推移と傾向を分析すると、様々な情報が見えてきます。高卒初任給としても最高額を記録した年であり、大卒と比較してみるだけ...

第二新卒向けの転職サイトを知りたい!おすすめサイトをまとめました
就職

第二新卒向けの転職サイトを知りたい!おすすめサイトをまとめました

第二新卒で転職するのは大変です。そのような方に適したサイトがいくつか存在するため、それらを利用することで転職をスムーズに進めることが可能です。そこで、第二新卒向けの転職サイトのおすすめをまと...

第二新卒向けの転職サイトを知りたい!おすすめサイトをまとめました

第二新卒で転職するのは大変です。そのような方に適したサイトがいくつか存在するため、それらを利用することで転職をスムーズに進めることが可能です...

もっと関連記事をみる

TOP