ニートが社会復帰するためには?必要な準備やおすすめの仕事を紹介

働き方

ニートが社会復帰するためには?必要な準備やおすすめの仕事を紹介

ニートが社会復帰を望んでも、さまざまな原因から就職が困難なことが多いのが現実です。ニートが本気で社会復帰をするために必要な準備や、就職しやすい仕事とはどんなものなのでしょうか?今回は、ニートが社会復帰するために必要な準備や、社会復帰しやすいおすすめの仕事を紹介します。

ニートの社会復帰がむずかしい原因

ニートが社会復帰をしたいと思っても、むずかしい場合が多々あります。このような、ニートの社会復帰がむずかしい原因には何があるのでしょうか?

ニートの社会復帰がむずかしい原因その1

ニートの社会復帰がむずかしい原因の1つ目は、「コミュニケーション能力の低さ」です。ニートは、基本的に家に引きこもっている人が多いため、ニート期間中は人と接することがほとんどありません。ニートは家で1人で過ごすことが多いことから、自分の考えを人に伝える能力や、相手の話の意図をくみ取る能力などのコミュニケーション能力が、大幅に低下してしまっています。

そのため、ニートの人が急に他人とコミュニケーションを取ろうとしても、言いたいことが伝えられなかったり、相手の話の意味を理解することができないため、会話を成立させることができません。このような状態では、就職をする以前に、面接の時点で落とされてしまいます。

ニートの社会復帰がむずかしい原因その2

ニートの社会復帰がむずかしい原因の2つ目は、「履歴書に空白の期間ができる」ことです。ニートである期間が長ければ長いほど、履歴書に空白の期間ができることになります。就職活動において履歴書や職務経歴書の内容は、面接をする前の判断材料としてとても重要です。また、面接ではその空白の期間は「何をしていたのか?」というような質問を必ずされるでしょう。このときに、「ニートでした」と正直に話した場合には、就職においては非常に不利な状態になるのは間違いありません。

ニートの社会復帰がむずかしい原因その3

ニートの社会復帰がむずかしい原因の3つ目は、「何も勉強せずに時間だけが過ぎていた」ことです。少しの間だけニート生活を送るつもりが、気がついたときには10年が過ぎ去っていた、というようなことも少なくありません。就活では、年齢も重要な査定ポイントとなることから、年齢が高くなればなるほど、就職市場においては不利になります。さらに、ニートの場合には、就業経験も少ないため、より企業からは敬遠される可能性が高くなります。

ニートが社会復帰するために必要な準備とは?

ニートは、企業が積極的に採用したい人材ではないことから、社会復帰するためには普通の人以上に努力が必要です。

ニートが社会復帰するために必要な準備は、「ニートから脱出する!」という、自分自身の固い決意が必要です。ニート生活を長い間続けてきた人は、ニートの楽な生活に慣れきっています。そのため、中途半端な気持ちでニートを脱出したいと思っても、すぐに挫折してしまいます。なぜなら、人は目の前にある選択肢の中で、無意識に楽な道を選ぶ傾向があるからです。そのため、本心から社会復帰をしたいと思うのであれば、まずは「絶対にニートを脱出する!」という固い決意を持つようにしましょう。

ニートから脱出すると固く決意をしたのであれば、早めに行動に移すことが大切です。ただし、急にニートから正社員に就職するのは、ハードルが高すぎるため、まずは簡単にこなせる内容かつ、単発もしくは短期間のアルバイトに挑戦してみることをおすすめします。単発や短期のアルバイトがこなせるようになってから、正社員の仕事にチャレンジするなど、時間をかけて徐々に働くことに体を慣らしていきましょう。

ニートの社会復帰には「就職支援」が重要!

ニートの人が社会復帰をするには、1人で就活をするのではなく、就職支援サービスを活用した方が効率的です。なぜなら、今までまったく仕事をしていなかった人が、自力で就職活動をしても就職できる確率は非常に低いからです。就職市場の情報や状況もわからないまま、1人で行動をしても時間の無駄になってしまいます。

そんなニートの人におすすめなのが、就職支援サービスです。就職支援サービスとは、公的なものであれば「ハローワーク」などの職業案内施設で、民間のものであれば「転職エージェント」になります。また、若年層であれば「若者サポートステーション」「わかものハローワーク」など、さまざまな民間の就職支援サービスがあるので、気になるものを利用して早期就職を目指しましょう。

ニートの社会復帰におすすめの仕事

ニートから早く社会復帰をしたいと思う人の場合には、ニートが社会復帰しやすい仕事を選ぶことがポイントです。

ニートの社会復帰におすすめの仕事は、「工場・倉庫などの人との関わりが少ない仕事」です。ニート期間が長く、それ以前の就労経験が少ない人や、人と関わることが苦手な人の場合には、職場での人間関係やコミュニケーションに不安を感じる人も少なくはないでしょう。このような人の場合には、まずは働くことに重点を置いて考え、人と関わることが少ない工場や倉庫勤務などからチャレンジしてみることをおすすめします。

また、人とのコミュニケーションに抵抗がない人の場合には、常に人手が不足している「サービス・接客業」がおすすめです。サービス・接客業は、基本的に人手が不足している業界なので、通年募集していることが多いです。そのため、他の職種よりも就職できる可能性が高いことから、ニートの人でも就職しやすい職種であるといえます。ただし、ニートの人は人と接していない期間が長いため、うまくコミュニケーションが取れるか不安な場合には、避けたほうが良い職種になります。

もしも、ニートになる以前に職歴がある人の場合には、同じ業界・職種で社会復帰ができる可能性があります。そのため、前職に近い業界・業種に絞って仕事を探してみることも、ニートの人が早期に社会復帰できる1つの方法であるといえます。

ニート生活から急に外で働くのはむずかしいと思う人の場合には、「在宅ワーク」がおすすめです。現在では在宅ワークやテレワークなどを行っている企業も数多くあるため、何かしらのスキルを持っている人であれば、在宅ワークで働くことも可能です。また、スキルがなくても、クラウドソーシングサービスを利用すれば、履歴書や職務経歴書も必要なく、簡単に仕事をすぐに始めることができます。

まとめ

ニートの人は、ニート生活が長ければ長いほど、社会復帰がむずかしくなるといわれています。その理由は、「コミュニケーション能力の低下」「履歴書に空白の期間ができること」「何も勉強せずに年齢だけ重ねてしまったこと」の3つが主な要因となり、企業側が採用を敬遠しがちになるからです。そのため、ニートの人が社会復帰をしたいと本気で思うのであれば、途中で挫折しないためにも、まず始めに「「絶対にニートを脱出する!」という固い決意が必要になります。

ニートの人が早期に社会復帰をするには、1人の力ではむずかしいことが多いです。そんなときには、「就職支援サービス」を利用することをおすすめします。就職支援サービスは、ハローワークや転職エージェントなどを指し、現在では行政・民間ともにさまざまなものがあります。また、ニートの人が早期に社会復帰をするためには、「就職しやすい仕事を選ぶ」ことも重要です。ただし、自分に合わない仕事を選んでしまうと、途中で挫折してしまうおそれがあるので注意が必要です。

派遣を辞めたい。バックレではなく、きちんと辞める方法とは
働き方

派遣を辞めたい。バックレではなく、きちんと辞める方法とは

ポイント ●派遣のバックレは、派遣元の会社とあなただけの問題ではない。派遣先も絡んでくるため、最悪バックレると訴えられる可能性も。ただ現状、金銭的・時間的な問題で訴えられることはまずない。 ...

派遣を辞めたい。バックレではなく、きちんと辞める方法とは

ポイント ●派遣のバックレは、派遣元の会社とあなただけの問題ではない。派遣先も絡んでくるため、最悪バックレると訴えられる可能性も。ただ現状、...

日本の失業率は低め。その理由と用語の意味を解説
働き方

日本の失業率は低め。その理由と用語の意味を解説

日本の失業率は、一般的には非常に低い水準で推移しています。特に完全失業率に関してはたったの3%以下と非常に低い推移を繰り返しています。しかし、経済関連の実情と失業率というデータを順番に見ると...

日本の失業率は低め。その理由と用語の意味を解説

日本の失業率は、一般的には非常に低い水準で推移しています。特に完全失業率に関してはたったの3%以下と非常に低い推移を繰り返しています。しかし...

得する知識!?失業手当と扶養とは
働き方

得する知識!?失業手当と扶養とは

失業してしまった時、すぐにでも収入を得たいと考えますよね。失業手当と扶養どちらも受けることはできないのかと考えてしまう人は多いのではないでしょうか。 失業手当と扶養の違いはご存知でしょうか。...

得する知識!?失業手当と扶養とは

失業してしまった時、すぐにでも収入を得たいと考えますよね。失業手当と扶養どちらも受けることはできないのかと考えてしまう人は多いのではないでし...

正社員になるべき!?フリーターの暗い将来とは
働き方

正社員になるべき!?フリーターの暗い将来とは

フリーターとして生計を立てている人は、少なくありません。フリーターとして働くことはデメリットばかりではないのです。今では、自ら望んで正社員ではなく、フリーターとして働いている人もいるほどです...

正社員になるべき!?フリーターの暗い将来とは

フリーターとして生計を立てている人は、少なくありません。フリーターとして働くことはデメリットばかりではないのです。今では、自ら望んで正社員で...

正社員からフリーターになったほうが楽?幸せな働き方とは
働き方

正社員からフリーターになったほうが楽?幸せな働き方とは

正社員になりたいと考える人は、数多くいます。一方で、正社員からフリーターになりたいという人も一定数いることは事実です。一般的に考えると、収入や待遇面が安定している正社員のほうが幸せだと考える...

正社員からフリーターになったほうが楽?幸せな働き方とは

正社員になりたいと考える人は、数多くいます。一方で、正社員からフリーターになりたいという人も一定数いることは事実です。一般的に考えると、収入...

もっと関連記事をみる

TOP