まだ挽回できる!?中卒で資格を取得する必要性とは

就職

まだ挽回できる!?中卒で資格を取得する必要性とは

中卒から就職をしようと考えた時、就職が少しでも有利になるように、資格取得を検討する人は少なくありません。しかし、中卒でも資格は取れるのか、どの資格を取得するべきなのかと悩む人もいるのではないでしょうか。

中卒から受験できる資格は数多くあります。資格取得は就職の際、大きな武器となるでしょう。では、実際に中卒から取得できる資格とはどのような資格があるのでしょうか。詳しくみていきましょう。

中卒で取得できる資格とは

中卒で就職をしようとした時、学歴が壁となり、選択肢は狭くなります。中卒は、大卒と比べて収入の高い仕事に就くのは厳しい状況なのです。中卒の場合、何かのスキルを身に付けるか、あるいは資格を取得するのか検討する必要があります。

資格を取得することは、その仕事を続ける上でとても安心材料となりますよね。しかし、「中卒でも資格を取得することはできるの?」と不安に感じる人もいるのではないでしょうか。実は、資格の中でも、学歴や年齢を問わないものは数多くあります。

中卒でお勧めの資格としてまずは、宅建・宅地建物取引士です。この資格は、とても人気の高い資格であり、合格率も15%程と低くなるため、簡単な資格ではありません。しかし、日本企業でも、取得を推奨している傾向にあります。具体的には、不動産関係の仕事に役立つ仕事です。不動産の売買等、この資格を持っていなければ、できない業務は多くあります。そのため、不動産業界以外にも、建設業や金融等、資格を持っていると、有利になる業界はあります。

この資格は、学歴や年齢制限は受験資格にありません。誰でもいつでも受けることができるためとても魅力的な資格と言えるでしょう。合格率は15%ですが、国家資格の中では、合格しやすく、企業にも人気の高い資格と言われています。そのため、中卒にお勧めしたい資格なのです。

また、旅行業務取扱管理者という資格です。この資格を取得すると旅行業界への就職にとても有利となります。旅行業務取扱管理者の資格には3種類あります。①国内旅行業務取扱管理者②総合旅行業務取扱管理者③地域限旅行業務取扱管理者です。自分に合った資格を選択し受験してみましょう。

この資格は比較的合格しやすい資格と言われています。学歴や年齢等受験資格に制限がないため、お勧めです。しかし、中卒の場合、この資格を取得してもすぐに旅行業界への就職は難しいでしょう。しかし、資格取得はとてもプラスにあります。旅行業界を目指している人は積極的に受験してみましょう。

資格の中でも中卒でも受験できる資格はいくつかあります。自分の希望している職種があるならば、一度取得できる資格があるか探してみてはいかがでしょうか。

資格取得は必須?中卒が抱える不安とは

中卒の場合、これから先が不安だと感じている人は少なくありません。日本は、学歴社会です。学歴により、受ける求人が制限されてしまうことは多いのです。中卒ならば、尚更です。また、「何もしたいことがない」「好きな仕事がない」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

中卒の場合、仕事をする上で様々なデメリットがあります。まずは、大卒などの高学歴者と比べても就くことができる仕事の幅が狭く、収入も少ない状況です。大卒と同じように仕事を選択し、収入を得ることは難しいのです。そのため、専門的な仕事ではなく、学歴不問や未経験歓迎等、誰でもできる仕事に就くことが多くなります。

また、正社員として中卒を受け入れている求人は、ほとんどありません。就ける仕事は、ほとんどが非正規雇用であり、アルバイトやパートで生計を立てている人が多いのです。

就く仕事の職種も限られます。知識や技術を必要とする仕事の場合、学歴の条件は厳しくなります。中卒の場合、専門的な仕事に就くことはできないのです。

中卒の場合、就職の選択肢も狭く、求人数も少ない状況のため、就職活動に向けてしっかりと準備をし、対策を練る必要があります。そのためにも、資格取得はとても大きな武器となるのです。

中卒で資格取得は必須!?仕事に繋げる方法

中卒から正社員として就職したいと考えた時に、資格取得は大きな武器になります。しかし、どの資格を取得すればいいのか、どの資格が有利なのかと悩む人もいるでしょう。

そもそも資格には3種類あります。国から委任を受けた機関が実施する国家資格、また商工会議所など地方行政機関等が実施する公的資格、そして協会や団体が実施する民間資格があります。

資格にも様々な種類があるのです。そのため、やみくもに受けても就職に有利になるとは限りません。まずは、自分が仕事に対してどのような目的や条件があるのか考える必要があります。

例えば、具体的に目指している職種がある場合は、絞りやすいですよね。調理師や准看護師なども中卒でも取得可能な国家資格です。その分野での就職を目指すならば、資格取得は大きな近道となります。また、ホームヘルパーやインテリアコーディネーターは中卒でも受験可能な民間資格です。正社員を目指して就職活動をしている人は受験を検討してみてはいかがでしょうか。

資格を取得して高収入を得たいと考える人もいるでしょう。その場合は、税理士や行政書士も中卒でも受験可能です。しかし、難易度は高くなりますので、注意が必要です。

資格を有効に活用し、就職を目指すならば、まずは、自分の就職に対する目的や希望を明確にしていきましょう。

中卒の資格取得での注意すべきこと

就職をするためには、資格をとって、手に職をつけるべきだと言われた人は多いのではないでしょうか。中卒から就職を目指す人は、求人の幅も狭くなってしまうため、資格取得を考える人は多いでしょう。

資格の中でも、中卒から取得できるものも多くあります。まずは、自分の志望する業界に取得できる資格があるのか調べてみましょう。業界によって、資格取得が有利に働く場合とそうではない場合があります。

資格取得は決して簡単なものではありません。そのため、せっかく資格を取得するならば就職に有利になるように活用したいと考えますよね。就職を有利にサポートしてくれる資格なのか、しっかりと検討していきましょう。

まとめ

さて、中卒での資格取得に関して詳しくみていきましたが、いかがでしたでしょうか。中卒の場合、大卒等の高学歴者と比べて、就職の幅が狭くなることは事実です。しかし、資格を取得し、就職に向けての対策することで、環境を良くすることはできるのです。

中卒でも資格を取れるのかと不安に感じる人もいるでしょう。資格の中にも、様々な種類の資格があります。そして、学歴や年齢を問わない資格も数多くあるのです。そのため、どの資格を取得するのかは十分な選択肢があります。

しかし、やみくもに資格を受けても、就職の際、有効に活用することはできません。まずは、就職に対して自分の考える仕事への目的や希望や条件を明確にしましょう。そして自分の目的に合った資格取得を目指すべきなのです。

資格を取得することは、簡単なことではありません。そのため、合格に向けて勉強をする覚悟が必要です。自分の将来に役立つ資格を効率的に取得し、自分の大きな武器にしていきましょう。

WRITER

WORLD COMPASS

CATEGORY カテゴリー

TAG タグ

ハローワーク大阪西の基本情報を知って活用しよう!
ワーキングマザー

ハローワーク大阪西の基本情報を知って活用しよう!

ハローワークは大阪にいくつもありますが、大阪西は大阪市の港区にある西区、港区、大正区、浪速区、中央区などが管轄のハローワークです。今回は、そんなハローワーク大阪西の基本情報を始め、手続きやサ...

ハローワーク大阪西の基本情報を知って活用しよう!

ハローワークは大阪にいくつもありますが、大阪西は大阪市の港区にある西区、港区、大正区、浪速区、中央区などが管轄のハローワークです。今回は、そ...

高卒の公務員の給料はどれくらいなのか?高卒で公務員は可能?
就職

高卒の公務員の給料はどれくらいなのか?高卒で公務員は可能?

高卒でも安定した仕事をしたい方は沢山いると思います。そのようなときに思いつくのは「公務員」のお仕事ではないでしょうか?確かに公務員は安定をするので魅力的ではありますが、安定すること以外で公務...

高卒の公務員の給料はどれくらいなのか?高卒で公務員は可能?

高卒でも安定した仕事をしたい方は沢山いると思います。そのようなときに思いつくのは「公務員」のお仕事ではないでしょうか?確かに公務員は安定をす...

ハローワークをうまく使って福岡での転職を成功させよう
就職

ハローワークをうまく使って福岡での転職を成功させよう

福岡での転職を成功させるためには、ハローワークの活用は第一歩であるのは間違いありません。どのような案件が出てくるのかを知り、ハローワークでのメリットとデメリットも理解していけば、成功させるた...

ハローワークをうまく使って福岡での転職を成功させよう

福岡での転職を成功させるためには、ハローワークの活用は第一歩であるのは間違いありません。どのような案件が出てくるのかを知り、ハローワークでの...

失敗しない第二新卒からの転職! 企業はあなたを欲している!
就職

失敗しない第二新卒からの転職! 企業はあなたを欲している!

第二新卒という言葉があります。「新卒」の価値が重視される日本社会において、新卒の時期を逃した若者をひとくくりにして、より積極的に採用するために使われる言葉です。日本社会をよく揶揄する言葉とし...

失敗しない第二新卒からの転職! 企業はあなたを欲している!

第二新卒という言葉があります。「新卒」の価値が重視される日本社会において、新卒の時期を逃した若者をひとくくりにして、より積極的に採用するため...

高卒年収の平均よりも給料上げていくには
就職

高卒年収の平均よりも給料上げていくには

高卒の平均年収は、同じ年齢の大卒と比べても低い水準となってしまいます。年齢が若い段階から社会に出て働くことになりますが、生涯賃金としてみても高卒の方が少なくなるのが一般的です。しかし、諦める...

高卒年収の平均よりも給料上げていくには

高卒の平均年収は、同じ年齢の大卒と比べても低い水準となってしまいます。年齢が若い段階から社会に出て働くことになりますが、生涯賃金としてみても...

もっと関連記事をみる

TOP